体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朝ご飯を抜くなんてもったいない!毎日通いたくなるタイの屋台

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん」

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん

こんにちは。TRiPORTライターのANNAです。
朝ご飯にこだわりを持つ人も増える一方で、朝は何も食べないなんて人もいますよね。ダイエットのために朝ご飯を抜く人や、食べる時間がない人もいるかと思います。しかし、近年では朝ご飯を食べる重要性について耳にする機会も多くなり、「朝ご飯をしっかり食べなさい!」と言われることも。

現在私が滞在しているタイでは、ほとんどの人がしっかり朝ご飯を食べます。家で朝ご飯を食べることはもちろんですが、勤務先のオフィスで食べるということも、タイでは普通です。パンにお粥にクイティアオ(タイ風ラーメン)など、いろいろな屋台が朝早くから営業しています。

今回は、タイの朝ご飯の様子を紹介したいと思います。

まずは、女性に人気の豆乳屋台!タイでは、屋台で買ったものは、食べ物でも飲み物でもほとんどの場合、袋に入れて持ち帰ることができます。この豆乳屋さんは、豆乳だけだと7バーツ(24円ほど)、写真の右側に置いてある小豆やタピオカ、ゼリーなどを入れてもらうと10バーツ(33円ほど)です。どちらも、とても安いですね!

また、黒ゴマ味の豆乳、抹茶味の豆乳など様々な味がある屋台も多く見かけます。豆乳にタピオカなどを入れたり、味を変えたりすると、とても飲みやすくなるのです! 豆乳が苦手な私も飲むことができました。  

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん」

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん

続いては、タイの朝ご飯の定番のお粥。タイのお粥は、お米の形がなくなるまで煮込んであるものと、お米の形が残っているものの2種類があります。タイ料理は辛い物が多いので、朝ご飯にお粥をチョイスすると、やさしい味にホッとできるはず。実はタイのマクドナルドでは、朝マックでお粥を売っているんです! 知っていましたか?

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん」

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん

揚げパンは、豆乳やお粥と一緒に食べている人が多いです。また、揚げパンだけで食べる場合には、練乳のような甘いソースと一緒に食べるのが主流のようです。

Photo credit: Anna Koike「タイの朝ごはん」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。