ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロウィンとカボチャおばけの関係は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ最近は日本でもすっかり恒例イベントとして定着したハロウィン。街を歩けば鮮やかなオレンジ色の「カボチャおばけ」がいたるところで目に入ってきます。ところでこのカボチャおばけ、正式名を知っていますか? そもそも、ハロウィンがどんな由来を持つ行事なのかを知っている人は少ないのでは?

起源は古代ケルト人の収穫祭

毎年10月31日に行われるハロウィンは、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うアイルランドの古代ケルト人のお祭りが起源となっています。カトリックにおいて、11月1日は新年の始まりであり、すべての聖者に祈りを捧げる万聖節(ばんせいせつ/All-Hallow)という大切な日。その前日である10月31日は、いわば現代の大晦日。一年の最後の日とされていたこの10月31日は、あの世とこの世の境目がなくなり、死者の霊や精霊、魔女などの人ならざる者が出てくる特別な日だったのです。

あの「カボチャのおばけ」の正体は?

中身をくりぬいて中に火を灯すカボチャのおばけの正式名は「ジャック・オ・ランタン」。日本語に訳すと「ちょうちんジャック」といったところでしょうか。ハロウィンのシンボルともなっているジャック・オ・ランタンは、アイルランドの次のような昔話に由来します。

昔々、ジャックという酒飲みの怠け者の男がいました。あるハロウィンの夜、いつものように酒場でしたたかに酔っ払ったジャックは悪魔に出会います。しかしずる賢いジャックは彼の魂を取りに来た悪魔を巧みに騙し、「この先10年間はジャックの魂を取りに来ないこと」を約束させます。そして10年後、悪魔が再びジャックの前にやってきましたが、ジャックはまたも策を弄して悪魔を騙し、「永遠にジャックの魂を取りに来ない」と約束させます。それから月日は流れ、ジャックは天寿をまっとうするのですが、悪行三昧だったジャックはもちろん天国へ入れません。かといって悪魔と「魂を取らない」という約束をしてしまったため地獄へも行けません。強い風が吹き荒ぶ中、ジャックは道端に落ちていたカブをくりぬき、そこに悪魔にもらった火を入れ、その灯火を手に永遠に現世をさまようこととなったそうです。
このカブのエピソードがアメリカに渡ると、より身近な野菜だったカボチャへと置き換えられ、ハロウィンを象徴するアイコンが誕生しました。「ハロウィンって何?」と子供に聞かれたら、カボチャ料理を食べながら、ちょっぴり怖いこんな逸話を紹介してあげてはいかがでしょう。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP