ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地方自治体がしのぎを削る「人口争奪戦」 子育て世代の「住みやすさ」の競争になるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地方自治体がしのぎを削る「人口争奪戦」 子育て世代の「住みやすさ」の競争になるか

人口減少に悩む地方自治体。移住政策を行う自治体はこの3年で5倍ほどに増え、全国各地で「人口の争奪戦」が始まっている。10月13日の「ワールドビジネスサテライト」では、ターゲットを絞ったユニークな政策を紹介した。

人口2200人ほどの長野県長野市信更町(しんこうまち)では「田舎暮らし体験会」が開かれ、移住を考える7世帯が参加した。すぐにでも農家で生計を立てられるよう、リンゴ園や水田などを用意して移住を促している。
流山市は駅前ビルに「送迎保育ステーション」を設置

同町は長野市内にあるが、地区住民の自治協議会に「田舎暮らしを支援する委員会」を設置している。委員長の中島さんは「何百という市町村による人口の奪い合い。切磋琢磨し競争して、自分の地域を売り込んで移住者の心をつかむしかない」と現状を語る。

千葉県流山市は去年、転出より転入が2387人上回り、全国10位の転入超過数となった。人口は10年前より2万2000人ほど増加。特に子育て世代と子どもの割合が増えたのが特徴だ。

理由は「共働きで子どものいる世帯」をターゲットにした子育て支援策にある。たとえば駅前ビルに「送迎保育ステーション」を設け、保育園児を1か所に集めて市内の各保育園にバスで送迎するサービスを実施している。

利用料金は月2000円。1回100円で、毎月100人ほどが利用している。利用者からも「兄弟で違う保育園に預けているので、スムーズに送迎できる」「駅のすぐ近くにあって、そのまま電車に乗れるので助かる」と利便性が好評だ。
共働きは「収入が多く、税金の額も高い」

流山市マーケティング課の阿曽課長は、子ども世代にも住み続けてもらうことで世代循環ができるため、対象を「DEWKs(デュークス)」に絞っていると明かす。「Double Employed With Kids」の略で、子持ちの共働きという意味だ。

「共働きで財布が2つあると収入が多く、税金を納めていただく金額も高い」

という自治体にとってのメリットもある。東京都内の主要駅にポスターでPRするなど、積極的に「子育てしやすい流山」というイメージづくりも行っている。この取り組みには各地の自治体が注目し、視察が後を絶たない。

就職したての若い世代に通勤費用を補助して、大都市への移住を防ごうとする自治体もある。21歳の会社員Mさんは、実家のある佐賀県佐賀市から福岡県の博多まで、新幹線で40分かけて通勤している。
佐賀市は会社が負担しない「特急券代」を補助

Mさんは就職にあたり1人暮らしも考えたが、補助を理由に実家からの通勤を選択した。佐賀市が今年度から、会社が負担しない特急券代を補助する事業を始めたためだ。新規就労者・転入者で40歳未満が対象。月1万5000円を上限に3年間支給する。

佐賀市企画政策課の大城課長は、今住んでいる人が住み続けられる環境づくりが大切としたうえで、「どこの市町村も人口減少になっているので、人口の奪い合いになっても意味がない」と客観的に語った。

確かに日本全体の人口が増えなければ意味はないが、こうした工夫をするだけで人が動き、家庭を持ちやすくなる可能性は高まる。争奪戦が「住みやすさ」「子育てのしやすさ」の競争になればいいことだ。少子化対策もこうした具体的な利便性を求める声に応えるよう、思い切って舵を切れるかどうかが大事な気がした。(ライター:okei)

あわせてよみたい:福井県鯖江市が「ゆるい移住」プロジェクト開始
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。