ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

谷佳知 忘れられぬ一球は木村拓也氏追悼試合の代打逆転満塁弾

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オリックス・バファローズの谷佳知外野手(42)は2000本安打まであと72本に迫りながら、2015年のシーズンをもってユニフォームを脱いだ。1996年、オリックス・ブルーウェーブからドラフト2位指名を受けてプロ入り、巨人、再びオリックスへと移り、二度の五輪でも活躍した谷にとって、忘れられない試合は自分の記録に関わるものではなかった。

「アスリートとして最高のパフォーマンスが見せられなくなった。悔しさはない」

 引退会見で晴れやかな笑顔を見せて語った決心の裏には、亮子夫人にかけられた言葉があった。

「8月の終わりに、“もうそろそろだな”と決意しました。家族に告げると“決めるのはパパだから。パパの思い通りにやればいいよ”と言ってもらい、自分の意思で決断できました」

 2006年に交換トレードで巨人に移籍。「忘れられない一球」は、2010年4月2日の試合前の練習中にくも膜下出血で倒れた巨人・木村拓也コーチの追悼試合(対広島)でのものだ。

 同年4月24日、谷は試合前に「まだ信じられない。信じたくない。今日、ひと区切りをつけなければいけないことは分かっているが、それでも僕には難しいです」と友への思いを口にした。

 出番は8回1アウト満塁の場面で回ってきた。代打で登場すると、試合をひっくり返す逆転満塁ホームランを放ってチームを勝利に導き、ヒーローインタビューで号泣した。

「同級生のタクとはいつも励まし合って戦ってきた仲ですから、あの場面で打てて嬉しかった。今回、引退するにあたり、近々彼のお墓に報告に行くつもりです。“引退することになったよ。今まで見守ってくれてありがとう”と伝えようと思います」

 忘れられない恩師が、オリックス入団時の監督である故・仰木彬氏である。

「“メンバー表に、谷と書くことが俺の仕事や”と言ってくださったのは嬉しかった。怪我をしても先発メンバーに名を連ねないといけない。そう覚悟したのを覚えています。厳しいけど、優しさもある人でした。仰木監督がいらっしゃったのでここまで頑張ることができました」

 今後は野球を勉強しながら、指導者として選手を育てたいと語る。仰木イズムは継承されていく。

●谷佳知(たに・よしとも)/1973年大阪府生まれ。1996年に三菱自動車岡崎からドラフト2位でオリックス・ブルーウェーブに入団。ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞4回。通算成績は6492打数1928安打、打率.297、打点741、本塁打133本。

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
世界の盗塁王福本豊氏 上田監督の言い間違いで突如引退決意
日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP