ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イッセー尾形 立ち食いそば目撃情報に「コロッケそばが好き」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月10日公開の映画『先生と迷い猫』に出演する俳優のイッセー尾形(63才)。9年ぶりの主演映画では猫と初共演。素に近い校長先生役を演じたというイッセーの素顔に迫る。

――共演の猫とはいい関係が築けましたか?

「猫とのつきあいはまったく初めてです。最初、距離感がつかめなくて。でも、表情や動きを見ていたら惹かれていって、だんだん猫かわいがりに…というのはウソです。こっちの想像を注ぎ込んでも、行き当たらないですね。猫の懐って深くて、大きいですよ」

――そういえば、映画『南極物語』で犬と共演した高倉健さん(享年83)は、極寒の地で大変な思いをして撮ったのに、犬に食われてしまった、いいところを持っていかれてしまったと嘆いてらっしゃいました。

「そうですか。ぼくは猫に食われてもいい。主役は猫ですから。猫、猫でいいんです。そのほうが気が楽ですね、あはははは」

<なお、共演の猫は『あまちゃん』(NHK)でデビューした名女優猫のドロップだ。>

――(場が和んだところで突然)イッセーさんって、生活のにおいがまるでしませんが、ご結婚はなさっていらっしゃるんですか?

「はははは、そこにいるのがかみさんです」

――エッ!(と、思わず横を見て奥様と目が合い、あらためてごあいさつ)。そういえば、先ほどからお世話していらっしゃって、なんとなくイッセーさんと似ているので、妹さんかと…(失言か、とあわてて言葉を濁しました。汗)。

「はははは、夫婦も長年連れ添うと似るらしいですね。結婚して40年です。ぼくが事務所を独立してからは、付き添いというか看護師代わりに来てもらっています」

――映画では妻に先立たれますが…(またも失言か、とあわてて再度言葉を濁して。大汗)。

「本人の前ですけど、演じていて、もし自分が同じ立場になって、かみさんが亡くなったらどうなるんだろうとよぎりました。いやいや、こういう私情を持ち込んじゃあ、いかんです(笑い)」

――ところで、編集部の者が都内某所の立ち食いそば屋でイッセーさんをお見かけしたというのですが。それも何回も何回も。

「あ、たしかにそれは私です! もともとそばが好きなんですが、高校生の時、あんまり腹が空いたんで、小田急線相模大野の駅で立ち食いの箱根そばを食べたんです。それがおいしくておいしくて(笑い)。今でも猛然と食べたくなるんです」

――主演スターがねえ、立ち食いそばねえ…あ、すみません(汗)。

「邪道らしいけど、コロッケそばが好きなんです。ああ、コロッケは必ず2個ね。最初、まだつゆが染み込まないうちに1個食べて、しばらくしてつゆが染み込んでぐじゅぐじゅにくずれたところをジュルっと吸い込む。現在は美容院の帰りに立ち寄る、というのがぼくのゴールデンコースです(笑い)」

――「イッセー尾形がそば食べてる!」と注目されませんか?

「それはないですね。壁に向かって食べているし、立ち食いそばって、誰もがささっと食べてさっと出ていくでしょう。ただねえ、昔はどこでもネギは好きなだけ入れ放題だったから、少しでも腹の足しにしようといっぱい入れていたのに、最近はあてがわれるでしょ。あれは寂しい(笑い)」

――あははは。そうなんですか~。

取材・文/活動屋映子

撮影■矢口和也

※女性セブン2015年10月22・25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
達人おすすめご当地そば 新潟・へぎそば、山口・亙そばなど
富士そばに外国人観光客殺到 人気の理由に意外な事実判明
鰹節屋が経営「行列できる立ち食いそば屋」の穴子そば440円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。