ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』出演の辰巳琢郎「広岡浅子は最先端の女性」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月28日にスタートしたNHKの連続テレビ小説『あさが来た』は、幕末から大正にかけて起業家として活躍した広岡浅子をモデルとした作品だ。ヒロイン・今井あさ(波瑠)とその姉・はつ(宮崎あおい)の物語を中心に描かれている『あさが来た』で、大阪一の両替屋・山王寺屋の当主・眉山栄達を演じる辰巳琢郎(57才)に、見どころを聞いた。

──辰巳さんが演じる眉山栄達は、はつの義理の父親という役どころです。

辰巳:実は、歴史上に記録がまったく残っていない役なんですよ。だからこそ、自由に動けるよう部分もあって、とてもおもしろい役ですね。(栄達は)婿養子で奥さんの菊(萬田久子)に頭が上がらない。息子の惣兵衛(柄本佑)はどうしようもないし、嫁いできたはつは豪商の娘なんだけど、なかなか馴染めないところもあって…っていう家族の難しさなんかも描かれてます。

 ある意味、今回は時代劇であって、庶民ではなくハイクラスな人々の物語なんですよ。この点に面白さがあるような気がしますね。でも、時代劇でありながら、家族の問題のような現在に通じる部分も多くて、演じていてすごく面白いですね。

──辰巳さんが思う『あさが来た』の注目ポイントはどこですか?

辰巳:江戸末期から明治の物語は、普通大河ドラマで描かれるんですが、そこを朝ドラでやっているという点は面白いと思います。しかも、幕末というとどうしても志士の話が多くて、江戸と京都が中心になってくるんですが、『あさが来た』は大阪を舞台にした話なので、これまでにないものになっていると思います。ぼくも大阪の人間なので、大阪に注目が集まるというのも嬉しいですし、大阪人の機微みたいなものを知ってもらいたいですね。

 大阪って、幕末のころは日本一の商業都市で、大阪に皇居を移して都にしようという話もあったくらいなんですよね。でも、そこに政治まで持ってくると大きくなりすぎてしまう。幕府を抑えるという意味もあったのかもしれないけど、一極集中はやめようということで、東京が都となった。ただ、結局東京の一極集中になってしまった。なんとも不思議な歴史の流れがありますよね。

 江戸時代の商人は、本当に強かったんでしょうね。大阪の商人たちが大名にお金を貸して、それで大名たちは藩の運営をしていたわけだから。その大名たちにお金を貸していた両替商は、『あさが来た』の登場人物たちなんですけど、明治時代に入ってバタパタと潰れていってしまう…。今回のドラマに出演するにあたって、色々歴史も調べてるんですよ。

──時代背景も面白いですね。

辰巳:商人から見た歴史ですね。とても興味深いのが五代友厚さん(作中ではディーン・フジオカが演じる五代才助)。ドラマの中でもとてもいい役になっているんだけど、大阪の造幣局を作った人なんですよ。なぜ今大阪に造幣局があるかというと、それは五代友厚さんの力もあったっていうことで。大阪商工会議所には五代さんの銅像もあって、近々見に行ってこようと思います。

──主人公・あさのモデルとなった広岡浅子についてはどんな印象ですか?

辰巳:当時は、女性が学問をしちゃいけない時代だったわけですよね。そんななか、子供のころから数字が好きで、そろばんに興味を持って、経営に積極的に関わっていこうとした初めての女性ですよね。

 今だったら、男女雇用機会均等法から始まって、大きな企業でも管理職の一定割合を女性にするとか、そういったことが当たり前になってますが、あさはその走りだった。時代の最先端を行っていたってことで、ものすごい感覚を持っていた人だと思います。

『花子とアン』のモデルとなった村岡花子さんや婦人運動家の市川房枝さんも広岡浅子さんの弟子にあたるんですよね。あとは、日本初の女子大学「日本女子大学」を創設した成瀬仁蔵さんも、広岡さんと交流があったみたいですね。広岡さんの働きかけがあって三井財閥から目白の土地を譲り受けて、それで日本女子大学が創設されたそうです。

──広岡さんの精神が現在も受け継がれていると感じることはありますか?

辰巳:自分の力で道を切り開いて行こうとする女性はたくさんいると思いますし、周りでもどんどん増えていますね。でも、日本はいまだに男社会で、能力があってもなかなか頭角を現せない女性が多いのも事実だと思います。特に大きな企業のなかでは難しそうなイメージですね。でも、やっぱり女性のほうが優秀だと思うんですよ。もしかしたらほとんどの男性がそう思っているかもしれない。女性が優秀だからこそ、男性は負けたくないという気持ちがあって、なかなか男社会が崩れないというか。

──NHKの朝ドラでいうと、6作品目の出演となりますよね。

辰巳:朝ドラはなんだか故郷みたいなものですね。NHK東京収録の朝ドラでデビューしたというのもありますし。ただ、本数もたくさんあるし、スケジュール的にはかなりハードですよ(笑い)。

 でも、若手ディレクターの登竜門というイメージでもあるんですよ。ディレクターは週ごとに、チーフディレクターとかセカンドとか、何人かで回すんだけど、時々若いディレクターさんがいて、ここで監督デビューということもあるんですね。単純に数をたくさんこなそうとすると流れ作業になりがちなんだけど、若手ディレクターを入れたりして、実験的なことをやっているのは面白いですよ。役者さんがどんどん成長していくのも楽しいですしね。本当にヒロインの女優さんは、どんどん変わっていきますから。

──ちなみに、辰巳さんは空き時間に何をされていますか?

辰巳:併行していろいろな仕事をしているので、原稿書いたり、次の仕事のチェックしたり、電話連絡したりっていう感じですね。だから、掘っ建て小屋に集まって寝るというシーンがあって、みんな雑魚寝してたんですけど、ちょっと疲れてたのか、それは本当に寝てしまいましたね(笑い)。寝るシーンは好きですよ。気づいたら終わってるので。

──NGにはなりませんでしたか?

辰巳:寝てるシーンだもん。リアルな最高の演技をしたと言ってほしい(笑い)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家4コママンガ【1/2】「橋下の影響力」
『あさが来た』出演の辰巳琢郎 「朝ドラはぼくにとって故郷」
金子哲雄 大阪都構想に共感「4億円億ション売れ、勢いある」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。