ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中距離恋愛をうまく続けるコツ。会う頻度、結婚のタイミングは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中距離恋愛では、なんとか日帰りで会える距離にお互いがいるけれど、移動に数時間かかるため頻繁に会うことができず、様々な悩みはつきものです。遠距離恋愛ほどのドラマティックな感じがなく、地味なイメージが先行しがちな中距離恋愛を楽しみながら続けることで、将来の幸せを手に入れるきっかけをつかみませんか?中距離恋愛を上手に続けるコツや、会う頻度、結婚のタイミングなどありがちな悩みと対策について、ご紹介していきます。

中距離恋愛を
お互いにうまく続けるコツ

中距離恋愛を続けるためには、「楽しむこと」と「信頼すること」を大切にしましょう。

彼の気持ちが離れてしまうのではないかという不安は払拭し、「私が好きになった人なんだから、大丈夫」と心に決め、彼を全面的に信頼するようにしましょう。会いたいときに彼に会えない寂しさは、「次に会える日がすごく楽しみ」と前向きにとらえ、彼と離れている時間は、自分磨きの時間として楽しみましょう。新しく習い事を始めたり、将来の仕事に備えて、資格試験などの勉強を始めるのもよいでしょう。

会えない期間がしばらく続くときには、彼の大好物などを贈り物として家に送ったり、会えない期間が事前に分かっていれば、心が自然と和むようなプレゼントを渡すことも効果的です。

中距離恋愛では、
会う頻度はどれくらいがいいの?

中距離恋愛では、お互いが会う頻度を厳しく決めないことが、長続きするコツです。あなたや彼の性格にもよりますが、無理してたくさん会っていても、どちらかに疲れがたまっていく一方では、元も子もありません。普段の仕事や学校のスケジュールを上手にやりくりしながら、お互いに良い状態で、心に余裕を持って楽しめるデートを重ねましょう。彼が、ちょっと物足りないと感じるくらいの頻度が理想的です。だいたい、月に1回程度がちょうどいいと感じるカップルが多いようです。

中距離恋愛をしている相手との
結婚のタイミングは?

彼との中距離恋愛が始まってから、ある程度の期間が経ち、最初のころと比べて、気持ちの変化を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

やっぱり行き来が大変だと改めて思ったり、デート後の帰りの道中が寂しすぎて、ずっと一緒にいたいと感じたときには、将来のことを彼に相談してみるのもよいでしょう。あくまで、結婚をせかすようなことはせず、彼から自然と「あなたと結婚したい」と思えるきっかけづくりがしやすい、中距離恋愛のメリットを生かしましょう。

一人暮らしの男性にとっては、家事ができる女性は頼もしく映るものです。彼の家で、料理や掃除を手伝い、彼が「結婚生活っていいものだ」と思えたら、一気に結婚に向けて気持ちが加速するかもしれません。

中距離恋愛にありがちな
悩みを早期解決しましょう!

「交通費はどうしたらいいの?」

移動にかかる交通費は、少しずつ積み重なり、経済的負担も気になってきます。お互いに折半するか、中間時点でのデートを楽しむことがお勧めです。

「急に彼からの連絡が来なくなったらどうすべき?」

まずは、彼を信頼することが大切です。あまりにも連絡が来ないときには、彼の友人や家族に連絡してみるとよいでしょう。疑心暗鬼は禁物です。

「電話で大喧嘩をしてしまったら、どうすべき?」

彼を大切だと思うなら、あなたから謝りに会いにいきましょう。タイミングが遅くなればなるほど、お互いに謝りにくくなります。

中距離恋愛のメリットを生かし、自分の時間を楽しみながら、彼との恋愛を続けることで、あなたの気持ちも毎日晴れやかになることでしょう。彼との今の関係を存分に楽しむ努力こそが、将来の幸せにつながる近道かもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

【結婚のホンネ】恋人のうちに知っておくべき「結婚10の真実」
辛い遠距離恋愛にサヨナラ!男性が結婚を決意するタイミングとは?
恋人との信頼関係を確かめる「12のチェックリスト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP