ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イタリアの神秘の街 / アルベロベッロに行ってみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イタリアの観光地といえば、ミラノやローマ、ヴェネチア、ナポリなどが有名だが、隠れたファンタジーの街としてアルベロベッロが脚光を浴びている。事実、この街を訪れた観光客は「その不思議な光景」から大きな衝撃と感動を受けている。

・トゥルッロと呼ばれている
とんがり屋根に円柱のようなデザインの家は、まるで妖精が住んでいそうな不思議なムードをかもしている。そのようなデザインの住居はイタリアのなかでもアルベロベッロにしかなく、この地方独特の建築物。この建物はトゥルッロと呼ばれている。

・課税対象の家の条件が「屋根がある家」
どうしてそのような住居が建てられたのか? 諸説あるが、有力な説として税金が深くかかわっているといわれている。

当時このあたりはナポリ王国の一部で、住民は厳しい課税から逃れるため、屋根を壊しやすい構造の建物にしたとされている。当時は課税対象の家の条件が「屋根がある家」だったからだ。

・のどかで不思議な幻想の街
現在は民家やホテル、商店、食堂として使われているトゥルッロ。ローマやナポリの近代的な観光都市もいいが、のどかで不思議な幻想の街もイタリアの一面として体験して損はないはずだ。

・鉄道かバーリからの長距離バス
アルベロベッロに鉄道はなく、非常に行きにくい場所にある。行くならばツアーに組み込むのがいちばん簡単だが、自力で行きたい人は鉄道かバーリからの長距離バスがいいだろう。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/10/18/alberobello/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。