体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「痛くない注射器」を発明し、億万長者になった女性の半生がカッコいい

Clinton Global Initiative 2015 Annual Meeting - Day 4

2015年、タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人のリスト」に、31歳の女性エリザベス・ホルムズの名前が掲載された。しばしばビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグと並び称される人物だ。

例えば、2014年にもフォーブス誌が選ぶ「アメリカ富豪400人」に若干30歳(これは女性としては最年少の選出だ)にして選ばれ大きな注目を浴びている。彼女がこれだけの財を成した背景とは?

30歳にして
個人資産「5000億円超」

Clinton Global Initiative 2015 Annual Meeting - Day 4

彼女は何を成し遂げたのか?その答えは「新しい血液検査」の発明だ。

・親指に裁縫針ほどの細い針を刺すだけで簡単に採血できるカプセル型の注射器を開発。
・1滴の血液で最大約30種類もの検査ができる。(ガン・HIV・糖尿病・アルツハイマーなど)
・近くの薬局で、その場で採血できる。
・検査結果は数時間で出る。
・費用は平均30ドル(約3,500円)で済む。(※コレステロール値などの検査は約400円で可能に。)

これまで採血用の注射針は太く、検査には数週間かかることも珍しくなかった。それは、1960年頃から改善されることのなかった事実だ。しかし、ホルムズのイノベーションがすべて変えた。彼女が開発したわずか1.29cmのカプセル型注射器なら、簡単に親指から採血できる上、検査結果はその日のうちに知ることができるのだ。

「お金をもっと有効に使える」
超有名大学を中退

英・デイリー・メール誌によると、スタンフォード大学1年目で最優秀学生の1人に選ばれるほどだったホルムズは、学費にかかるお金をもっと有効に使う方法があると考え中退を決意したという。
その後「Theranos社」を起業。10年後には従来の医療システムを大きく変える画期的な方法を開発した。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。