ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった2秒でパソコンを破壊する「USBメモリ」が怖すぎ・・・(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここで紹介するのは、一見なんの変哲もないUSBメモリ。が、これをパソコンに接続すると…。

接続した途端、
パソコンが壊れる!?

USBポートに挿しこむだけでパソコンを破壊する、USB killer v2.0。
その名の通り恐ろしい力を持つこのUSBメモリは、ロシア在住の技術者Dark Purple(ニックネーム)が開発したもの。わずか2秒ほどでパソコンを再起不能にしてしまいます。

220Vの電圧で
パソコン内部を破壊

このUSBメモリはコンデンサを搭載。それが発する220Vの電圧によって、パソコン内のプロセッサを焼き切って壊すというメカニズムです。
破壊するのはプロセッサだけなので、HDDは無傷。そのためデータは破壊されずに残ります。

正常に動いているパソコン。

USB killer v2.0を挿しこむと、2秒ほど「ツーープツッ」と音が鳴り画面が消えます。その後、電源をつけようとしても元に戻りません。

どうして、こんな厄介なアイテムを作ったのかは謎ですが、この動画は公開からたった10日ほどで、200万回以上再生されるほど話題を呼んでいます。

Licensed material used with permission by Dark Purple

関連記事リンク(外部サイト)

家で飲むビールが、「劇的に美味しくなる」グラスを知っていますか?
可愛すぎて食べられない!東北の「くらげこんにゃく」が話題に
六本木ヒルズで開催!「星空のイルミネーション」がロマンチックすぎる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP