ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カバンに入れて持ち運びできる「風力発電機」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。
災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 50」は、アイスランドで開発中。一回の発電で、iPhone3〜4回分の電力をつくることができます。

スマホ4回分の充電が可能な
モバイル風力発電機

Trinity 50は折りたたむと直径5.5cm、高さ30cm、重さ650gとコンパクトで軽量。折りたたみ時の画像はこちらです。

持ち運びも簡単。

秒速2メートルから発電が可能で、風が強すぎる時には自動的に止まる機能も搭載。

さらに耐水性も兼ね備えており、幅広い環境で使えます。その上、2年間の保証付きなのも嬉しいポイント。

この風力発電機は、Trinity 50よりも大きいTrinity 400、1,000、2,500の4サイズ展開。動画では、電気自動車も充電できるTrinity 2,500を使用しているシーン(1分25秒)も登場。

Trinity 50の気になる価格は、399米ドル(約48,000円)。Kickstarterでは2015年10月13日現在で、目標金額の5万米ドルを大きく上回る15万米ドルを調達。

購入予約はKickstarterで、10月26日まで受け付けています。

Licensed material used with permission by Janulus

関連記事リンク(外部サイト)

サッと拭くだけ!スマホが「防水・防傷」になる液体って?
「刃がない」レーザー式カミソリに、4億円以上の出資が集まった!
iPhoneのディスプレイが「2つ」になるケース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP