体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京電力の恐るべき影響力

政治・経済・社会
山本一太の「気分はいつも直滑降」

今回は山本一太さんのブログ『山本一太の「気分はいつも直滑降」』からご寄稿いただきました。

東京電力の恐るべき影響力
今から4、5年前、JBIC(国際協力銀行)の借款部分を切り離して新JICAを作るプロセスの中で、財務省と正面衝突した。“武見敬三&山本一太VS財務省”という構図だった。戦いの模様は、当時のブログに生々しく書かれている。巻き返したり、巻き返されたり! 最後は、“武見・山本連合軍”が押し切った。が、財務省の恐るべき影響力を見せつけられる場面に、何度も遭遇した。

財務省の本当の強みは、組織を構成する個々の官僚の“ずば抜けた能力の高さ”ではない。霞ヶ関、永田町はもちろん、経済界、アカデミズム、マスコミまでを幅広く網羅する“人脈と情報力”だ。特に、財務省の“政界・根回しリスト”の威力は絶大! 円借款の切り離しで決着がつくまで、財務省の意を受けた大物政治家たちとの熾烈(しれつ)なせめぎ合いが続いた。

最近、幾つかの勉強会に出席して、ハッキリ分かった。ある意味で、東京電力も財務省と同じなんだな、と。実際、今回の原発事故が起こるまで、東電の政治力は絶大だった。 

ふと考えてみる。何十年もの間、東電の年間数百億(?)の広報宣伝費は、政界、官界、経済界、マスコミ等にどれだけ浸透し、どれほど深く広い人脈を作り上げてきたのだろうか、と。そして、電気事業連合会は、どれだけ多くの官僚や与野党の政治家にアプローチし、彼らとどれほど深い関係を築いてきたのだろうか、と。ちょっと想像がつかない(ふう)。

これから、政治家や有識者の“東電問題に関する発言”は、しっかりウォッチさせてもらう。世耕弘成氏も言っていた。「一太さん! 何か、変ですよね?」と。

執筆: この記事は山本一太さんのブログ『山本一太の「気分はいつも直滑降」』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会