ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実はミニサイズ!?本物にしか見えない木彫の人物像がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一見、写真か粘土像のように見える人の姿…。

しかし実はこれ、木材を彫って作った木彫作品。

木をノミやカンナを使って少しずつ彫り進めていく。

まるで生きているようにリアルだ…。

この作品を作ったのは、イタリア人のアーティストのPeter Demetz氏。

服や顔のシワ、髪の毛、わずかなさざなみすら作ってしまう技巧の持ち主だ。

あまりの精巧さに、等身大サイズだと思い込んでしまうが、実は大きいものでも約60cm程度だという。

非常に人間に近いものを見ているため、目が錯覚を起こしてしまうのだ。

作品の制作には短くても数週間、長ければ数か月がかかるというが、それも納得。

公式サイトには他にも数々の作品が紹介されているので、気になった人はぜひチェックしてみて。

Peter Demetz
http://www.peterdemetz.it/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP