ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元アイドル・真野恵里菜が選んだ女優への道 ドラマ『結婚式の前日に』が成功の鍵を握る!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

香里奈の4年ぶりの連ドラ主演作『結婚式の前日に』(TBS系)の1話が放送された。彼女が演じる芹沢ひとみは不動産会社のプロジェクトリーダーで、医師との結婚を100日後に控えていた。それが突然、脳腫瘍と診断され、命も危ぶまれる状況に。

このドラマで、ひとみの恋敵となる国会議員の娘・広瀬真菜を真野恵里菜が演じる。1話では最後に少し出ただけだったが、番組予告映像でもいかにもお嬢様な美形がハマっていて、ネットでは早くも「やたらかわいい」といった声が上がっている。

真野はもともとアイドル畑では広く知られていた存在だった。モーニング娘。らが所属するハロー!プロジェクト出身の彼女は研修生時代から美少女ぶりが人気を呼び、17歳だった2009年にハロプロでは藤本美貴以来7年ぶりのソロデビューを果たす。正統派アイドルとして申し分ない逸材だったが、この年はちょうどAKB48が初のオリコン1位を獲得するなど大ブームを起こし始めていた頃。フォロワーも多数デビューしてアイドルシーンはグループが主流になりソロの真野は影が薄くなった。それなりにヒットは出していたが、抜群の資質は時代の波に埋没した。

その傍ら、『ケイゾク』『TRICK』の堤幸彦監督が主宰する舞台に出演。堤監督に演技カンの良さを買われ、『SPEC』(TBS系)で初めて地上波ドラマに挑む。人の心を読むSPECホルダー・サトリ役で、ロリータ衣裳にかわいいポーズで「サトリます」とキメて人気キャラクターとなった。

2013年に本格的な女優を目指してハロプロを卒業すると、ドラマ『みんな!エスパーだよ!』(テレビ東京系)にレギュラー出演。この作品を手掛けていたのが『愛のむきだし』『ヒミズ』の園子温監督。真野は満島ひかりや二階堂ふみを発掘してきた園監督にも認められ、今年公開された『みんな!エスパーだよ!』劇場版はもちろん、『新宿スワン』『ラブ&ピース』『リアル鬼ごっこ』と立て続けに園作品に出演した。

また、往年の人気アニメを元に実写化した『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズでは主演。最近では、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』CMでマシンガントークからのウインクを見せて好評だ。

そして、今回の『結婚式の前日に』である。プライムタイムの連ドラでは初レギュラー。より幅広い層に観られるだけでなく、真野にとってターニングポイントになりそうだ。というのも、これまで演じてきた役は『みんな!エスパーだよ!』の腹黒な女子高生(真野自身は24歳)にしろ、『パトレイバー』でのロボットの操縦士にしろ、多くがアイドルのベースを活かしたもの。『結婚式の前日に』は大人のドラマで、役柄も本人相応の年齢。完全に大人の芝居が求められる。

演じる真菜はひとみの婚約者の園田悠一(鈴木亮平)とは家族ぐるみのつきあいで、妹のようにかわいがられてきたが、真菜のほうは彼を好きだったという設定。予告映像では、ひとみに「悠一さんにふさわしいのは私」と”宣戦布告”するシーンも。品があってかわいらしく男性なら誰でも惹かれそうなだけに、主人公側から見れば敵役……というポジションにハマりそう。「かわいい」だけでなく「憎らしい」と思われれば、女優として成功だろう。

ハロー!プロジェクトはもともと、つんく♂プロデュースの音楽集団。モーニング娘。の全盛期メンバーでも、アイドル卒業後の活躍は今ひとつ。アイドルとしては不遇だった真野が卒業後に女優として大成するか? その試金石として『結婚式の前日に』での演技に注目したい。

文・斉藤貴志

https://youtu.be/NVOZyF_9muc

https://youtu.be/4oKD2RYi16M

■参照リンク
『結婚式の前日に』公式サイト(TBS系列にて火曜よる10時から放送)
http://www.tbs.co.jp/kekkonshiki2015/

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

俳優・阿部寛の私生活が衝撃すぎると話題に 「逆に興味が沸く」「さすが阿部ちゃんww」
ポケモン最新作への期待マックス!開発を手掛けるゲーム会社に任天堂、グーグル、ポケモン社から巨額資金調達
子ネコを可愛がる心優しいゴリラの姿にネット上が感動の嵐【動画】
7歳の兄妹がオーディション番組で披露した歌声がうますぎる!世界中から絶賛の嵐【動画】
MLBブルージェイズ・川崎宗則、試合に出てないのにヒーロー扱いの理由とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP