ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】日本の魅力を世界へ!期待の外国人向けウェブメディア「wasabi」を探る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2000年以降、増加の一途をたどる外国人観光客。

震災によって一旦落ち込むもの、その後すぐ回復。2020年のオリンピック開催時には、ピークを迎えると予測されている。

そうなると、やはり知ってほしいのは、古くからの伝統と文化。観光だけではない日本独自の魅力を、世界中の人に認知してもらいたいものである。

そんな背景を受けて誕生したのが、外国人をターゲットとする「wasabi(ワサビ)」だ。8月から公開されたβ版が大好評。Facebookページでも35万“いいね!”を集めた、期待のウェブメディアである。

コンテンツを手がけるのは、6月創業のカルペ・ディエム。サービス誕生のきっかけから未来の展望まで、COOの山本 恵美(やまもと えみ)氏が語ってくれた。

・日本文化を筆頭に幅広い切り口でアピール

Q1:まずは、「wasabi」提供のきっかけと経緯から、お聞かせください。

モノやコンテンツを生み出す日本のクリエイター(職人・デザイナー・作家等)の活躍の場を広げたい、もっと評価を高めたい、という想いが始まりです。

訪日客は増え続けていますし、日本という国や文化に興味を持っている外国人は、多いと思います。「だったら、もっと知ってもらおう、ファンになってもらおう」と考えて、日本文化を発信するメディア「wasabi」を立ち上げました。

Q2:「wasabi」とは、どんなメディアなのでしょうか。

日本文化をテーマにしていますが、切り口は幅広いです。人によって興味を持つきっかけや、入り口が異なるので、あえて間口を広げています。

コンテンツを通して、文化的な背景や風土にも触れていただき、琴線に触れたことを起点に、興味関心を深めていただければ、と思っています。

また、コンテンツの内容を決める際に、外国人がどういうテーマに関心を抱くのかは、意識しています。

・興味がアクションになったとき、応えられるメディアでありたい

Q3:これまでのβ版と正式版との違いは、どこにあるのでしょうか。

コンテンツの内容に、大きな違いはありません。

β版公開の時点では、開発が全て終わっている状態ではありませんでした。ただ、閲覧にはほぼ不具合のない状態になっていたため、β版として公開していました。

もちろん、これからも改良は加えていきますが、ひとまず検証が完了したため、10月1日をもって正式版の公開日としております。

Q4:これから「wasabi」は、どのようなサービスに育っていくのでしょうか。未来の展望を、お聞かせください。

「wasabi」のコンテンツを読んで、日本に行きたい、こういうことがやってみたい、この商品が欲しい、というようなニーズが出たときに、それに応えるメディアになっていきたいと思っています。

具体的には、ECとの連携やインバウンド関連の企業さま、自治体との連携などを考えています。また、将来的には、アウトバウンドにも着手していく予定です。

ただ情報を流すだけでなく、次に起こしたいアクションができたときにも、“使える”メディアでありたい、と願っています。

現在も、順調にPV数を伸ばし続ける「wasabi」。良質なコンテンツで、どんどん日本のファンを増やしてほしいものである。

Japanese culture media   wasabi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP