体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

月刊ハセリスト創刊号 ”この秋、至高の焼肉を知る”@『焼肉はせ川』小田急相模原

週刊焼肉はせ川創刊号_R

さて、もはや『焼肉はせ川』(完全予約制)しかネタが無いと思われがちな筆者ですが、それは間違いです。

他にもチョイチョイとネタは貯めているのですが、それら全部を束にしても『焼肉はせ川』に及ばない事実。

それを忘れては行けません。

まずは『自家製ジンジャーエール』で乾杯!

hase10a-5_R

ちょっと不便なロケーションにある『焼肉はせ川』ですので、車で訪れる方も多いと思います。

そんな時はコレ。

この『自家製ジンジャーエール』で乾杯しましょう。

生姜のパンチが効いたスパイシーなドリンクは、その”漢方薬的な何か”みたいな効果が若干期待されます。

ちなみに筆者はいつもコレを飲んでいるので、どんだけ大量に食べても翌日”胃もたれ”した事はありません(あくまで筆者個人の感想です)

『柔らかヒレ肉焼き』(1580円)

hase10a-6_R

同じ”ヒレ肉”でもチョイチョイ名称が変わる『焼肉はせ川』で御座います。

最近は”サーロイン”にハマっている筆者ですが、この日は『柔らかヒレ肉焼き』が超絶旨いとの事なので、素直にオススメの肉を頂く事にします。

結果、こんな感じで御座います。

とりあえず今までで最高の”高さ”を記録したと思われ、流石に『焼肉はせ川』に慣れた我々でも、コイツには参りました。

国産和牛のA4やらA5ですからね。

hase10a-21_R

ちなみに、このくらいの厚さになると焼く時は4面、もしくは6面を焼く感じになります。

肉の周りをチョイと焼き目を付けて、あとは肉の中心部まで温まるくらいのレアで頂きます。

hase10a-22_R

四角い肉がぷくっと膨らんで、丸みを帯びた状態になれば上出来ですね。

『上牛タン』(980円)

hase10a-7_R
1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会