ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月刊ハセリスト創刊号 ”この秋、至高の焼肉を知る”@『焼肉はせ川』小田急相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さて、もはや『焼肉はせ川』(完全予約制)しかネタが無いと思われがちな筆者ですが、それは間違いです。

他にもチョイチョイとネタは貯めているのですが、それら全部を束にしても『焼肉はせ川』に及ばない事実。

それを忘れては行けません。

まずは『自家製ジンジャーエール』で乾杯!

ちょっと不便なロケーションにある『焼肉はせ川』ですので、車で訪れる方も多いと思います。

そんな時はコレ。

この『自家製ジンジャーエール』で乾杯しましょう。

生姜のパンチが効いたスパイシーなドリンクは、その”漢方薬的な何か”みたいな効果が若干期待されます。

ちなみに筆者はいつもコレを飲んでいるので、どんだけ大量に食べても翌日”胃もたれ”した事はありません(あくまで筆者個人の感想です)

『柔らかヒレ肉焼き』(1580円)

同じ”ヒレ肉”でもチョイチョイ名称が変わる『焼肉はせ川』で御座います。

最近は”サーロイン”にハマっている筆者ですが、この日は『柔らかヒレ肉焼き』が超絶旨いとの事なので、素直にオススメの肉を頂く事にします。

結果、こんな感じで御座います。

とりあえず今までで最高の”高さ”を記録したと思われ、流石に『焼肉はせ川』に慣れた我々でも、コイツには参りました。

国産和牛のA4やらA5ですからね。

ちなみに、このくらいの厚さになると焼く時は4面、もしくは6面を焼く感じになります。

肉の周りをチョイと焼き目を付けて、あとは肉の中心部まで温まるくらいのレアで頂きます。

四角い肉がぷくっと膨らんで、丸みを帯びた状態になれば上出来ですね。

『上牛タン』(980円)

次は『上牛タン』を頂いてみましょう。厚さも5mmくらいあるので”牛タン”の旨さが存分に味わえるカットです。

肉質については語るまでもないでしょうか?

写真を見れば一目瞭然、長々と語るだけ野暮ってもんです。

『柔らかハラミ』(650円)

そして定番の『柔らかハラミ』も食べましょう。

基本的にサイドメニューを見据えている時は、焼肉は3種類くらいで抑えるのが基本ですね。

すでに脂の乗った最高級のヒレ肉を食べたので、今更”カルビ”を食べるのはナンセンスです。

ここは脂が少ないのに柔らかく、牛肉の旨みが強い”ハラミ”がベターでしょうか?

ちなみにコレでも”一人前”なのですから驚きですね。下手をすれば他店の二倍はボリュームがあると思われます。

『ネギトロ丼』(500円)

前回、ここで食べた『鉄火丼』に惚れた筆者ですので、この『ネギトロ丼』は見逃せません。

結果、前回と同じようなビジュアルの再現で御座います。

大きな丼に入った『ネギトロ丼』だけでも凄いのですが、さらに”山芋”と”松茸のお吸い物”も付いて来ます。

二人で分けて半分になっても、こんだけのボリューム。

これがワンコインで食べられる店……それが『焼肉はせ川』なのです。

ちなみに今回はチョロっとだけ”まぐろの刺身”がオマケで下に隠れていました。

『真空しゃぶしゃぶすき焼き地大吟醸麺』(900円)

そして、いよいよ締めのラーメンに入ろうと思ったところ

「真空しゃぶしゃぶすき焼き地大吟醸麺はいかがですか?」

との事。そう言えばそんなラーメンも有りましたね、って感じの筆者で御座います。

しかし、とりあえず「オススメに外れなし!」と言う鉄則に従いオーダーしてみました。正直、存在自体は知っていたのですが

「ネーミングが長くてオーダーしにくい」

と言う、非常に個人的な理由で避けていたラーメンだったのです。

とにかくコダワリがパネェ!

そもそもが。

普段のラーメンも結構手が掛かっている感じなのに、この『大吟醸麺』は究極的に頑張っちゃったらしいです。

なので麺も超コダワリで材料を厳選し、高級な小麦を使った”特注麺”で御座います。

スープもこんな感じ。

具材もこんな感じ。

コイツはちょっと凄い事になっちゃっている予感ですが、ラストは衝撃の結末が!

「今までのラーメンはウケ狙いだった」(店主談)

どうやら筆者が今まで、文字通りの死闘を繰り広げて来たラーメンの数々は、ただの”ウケ狙い”だった模様……。

これを読んだ瞬間、目の前が真っ暗になり意識が遠のいたのは否めません……。

焼肉はせ川オリジナル『大吟醸麺』を食す!!

そしてブラックアウトした筆者の前に『大吟醸麺』がやって来ました。

確実、先手を打たれた感じの筆者ですが、この『大吟醸麺』の容姿を見て蘇りました。

「コイツは旨いに違いない!」

ある意味、やっとラーメンらしいラーメンに出会えた喜びと、やっと本物を食べられると言うエクスタシーで感極まる筆者で御座います。

思えば長い道のりで、あの(略

イベリコ豚のチャーシューがヤヴァイ!

まず大きなチャーシューに注目するべきでしょうか?

この巨大な肉は、あの豚肉の王様”イベリコ豚”を使ったチャーシューで御座います。

とにかくデカいですね。

多分、普通の定食屋さんの”トンカツ”くらいの大きさでしょうか?

これ一枚で御飯2杯は進んじゃう可能性が高いですね。

言うまでもなく、味も絶品です。ちゃんと焼き目も付いていて、まさに”焼き豚”の風味満点な一品になっています。

麺のクオリティが尋常ではない件の是非

そして『大吟醸麺』の最大のウリである麺を食べてみましょう。

コイツは… 次元が違いますね。

結構な太麺なので小麦の風味を感じ易いのもありますが、やはり原材料の小麦『鳳凰』と『霧風』のチカラが凄いです。

風味で言えばラーメンの麺よりも、むしろ”うどん”に近いくらいなのですが、不思議とラーメンのスープにマッチします。

コシと弾力、さらに小麦の風味を生かした『大吟醸麺』……。

ココが焼肉屋である事を忘れてしまいそうですね。

「単価が高過ぎて普通のラーメン屋さんじゃ使えない」

という、美味しいんだけれども価格的に提供出来ないレベルの麺を、何故”焼肉屋”が提供しているのかは謎ですが、店主の趣味だと思うと普通に納得してしまう筆者で御座います。

ラーメンのスープも美味い焼肉屋さん

そして!

このスープの完成度も焼肉屋の域を超えてますね。

むしろ、下手なラーメン屋よりも10倍美味いと言っておきましょう。

地鶏に”鴨”まで加わったスープは、力強いコクと風味がありますが、いわゆる”動物臭さ”みたいなマイナス面は皆無です。

この独特なトロミと言うか濃厚さは、やはり”牛スジ”からでしょうか?

いわゆる”背脂系”とは違った、もっと優しい濃厚さが美味しいですね。

コッテリ系だけれども、脂ではなく牛スジや鶏の”コラーゲン”が主体になっていると思われ、これは健康面で見ても素晴らしいスープかと思います。

これほどのラーメンを今までスルーしていた、過去の自分が悔やまれます。

そして例によって例のごとく、丼の中には麺が3玉くらい入っているのは『焼肉はせ川』のお約束で御座います。

真空低温調理された”極上和牛”が旨い!

そして”しゃぶしゃぶ”のシャブな部分がコチラで御座います。

ほぼ”生肉”と言っても過言ではありませんが、ちゃんと低温調理されていると思われます。

しかも真空パックされているので、タレがイイ感じに染みているのです。

こんな牛肉をラーメンに使って良いのだろうか?

焼肉屋さんならではのラーメンって事で納得しておきましょう。

『真空しゃぶしゃぶすき焼き地大吟醸麺』総評

本日は実に素晴らしい焼肉の数々、美味しくてボリューム満点な『ネギトロ丼』や、さらに『焼肉はせ川』の本気を出した

『真空しゃぶしゃぶすき焼き地大吟醸麺』

に感動した筆者です。いつ行っても期待を裏切らない『焼肉はせ川』は、筆者のネバーランドと言っても過言ではありません。

と、軽く締めくくると思わせてからの……コレで御座います。

「ラーメンを食べたらラーメンが出て来た」

いつもは”強制替え玉システム”だったけど、今日は麺のコストが厳しいんで、流石に無しかと油断していたらコレですよ。

しかし!

「あまり美味しい麺じゃないけど、対極の麺だから食べてみて」

との事で、この好意に応えるのがハセリストの使命で御座います。

確かにコチラも太麺で麺のコシも風味も良いのですが、先ほどの『大吟醸麺』に比べると、なんか麺も

「ゴワっとした感じ…」

みたいな印象です。むしろ、普通のラーメンとして決して不味くない麺なんだけれども、さっきの麺と比べると明らかに味が落ちるぞと。

なるほど。

美味しい麺はいくらでも作れるけど、普通のラーメン屋ではコスト的に売れない幻の麺って意味が、なんとなく理解出来た筆者でした。

と、言う訳ですので”焼肉マニア”だけではなく、是非とも”ラーメンフリーク”の方達にこそ、食べて欲しいラーメンですね。

恐らくラーメンフリークの方達も、ソッチ方面は調べても”焼肉屋のラーメン”を検索する事は無いと思われるので、是非この機会に予約して訪れてみて下さい。

焼肉屋の常識を超えた”美味しいラーメン”がそこにあるはずですよ。

『焼肉はせ川』(完全予約制)

住所:神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00
定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP