ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心臓に重大疾患抱える猫の飼い主 朝起きると鼓動確認する日々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 写真共有アプリ「インスタグラム」で30万人近くのフォロワーを持つ人気者の猫「こむぎ」。生まれつき心臓に重大疾患を抱え、余命宣告をされながらも日々を一生懸命に生きている。

 著書『こむぎといつまでも~余命宣告を乗り越えた奇跡の猫ものがたり』も話題の飼い主・tomoさんは、こむぎと住むためにそれまでより少し広い家に引っ越した。少しでもこむぎが過ごしやすいよう、“猫優先、人間のことは2番目”で考えたという。トイレのしつけや、こむぎの噛み癖など、問題も起こったが、工夫をして、根気強く克服していった。

 そうして楽しく暮らしていたこむぎに異変が起きたのは、2012年春のことだ。

 仕事が終わって帰ってきたtomoさんのもとにかけよってきたこむぎは、突然ばたん!と倒れ、手足を苦しそうにバタバタと動かし、これまでに聞いたことのないようなうめき声をあげた。その時は、30分ほどでおさまった発作だが、3日おき、2日おき、1日おき…毎日続くようになったため、tomoさんはこむぎを全国でも著名な心臓外科医のもとへと連れて行った。

「発作を起こすこむぎの姿はまるで、“苦しいよ!”“助けて”“助けてよ!”と言っているようで、私はただただ泣きながら背中をさすってあげることしかできませんでした」(tomoさん)

 こむぎの舌は紫色になり、チアノーゼ症状が起きていた。診断結果は、あまりにもつらすぎるものだった。

「心臓に穴があいていて余命は半年ほど、と言われました。治すためには手術をするしかないけれど、こむぎは症状が進行していて合併症を起こしているから、手術はできないと言われたのです」(tomoさん)

 もっと早く病院にきていたら、もっと早く検査をしていたら、こむぎは発作に苦しまずに、普通の猫と同じように生きられたかもしれない、この子はなにも悪いことをしていないのに―そう涙を流すtomoさんだったが、手術は極めて難しく、もしできたとしても成功率は低いという。こむぎは、対処法として薬で症状をやわらげることしかできなかった。

 頻度は少しずつ減ったものの発作は繰り返された。tomoさんは、発作が起きても冷静に対処できるよう、酸素ボンベを常備し、発作を予防するため、温度管理を徹底し、冬も暖房はつけっぱなし。薬をあげる時間がバラバラにならないよう、夜に予定がある時は夕方に一度家に帰って薬をあげた。

 寂しかったり、うれしかったり、興奮することで発作が起きてしまうため、お風呂に入っている間も姿が見えるようにドアは開けっ放しにして、ウンチをした後のダッシュを防ぐためにすぐに落ち着かせた。寝ている間に発作を起こしていないか心配で夜中に何度も目が覚めたり、朝起きるとすぐにこむぎの鼓動を確認するなど不安な日々が続いた。

 そして、医師に宣告された「余命半年」にあたる2012年冬に、こむぎは再び大きな発作に襲われた。

「ぎゃお! ぎゃお!」と鳴き叫びながら、口からは泡のようなよだれをいっぱい垂らしてバタバタと苦しむこむぎ。目はカッと大きく見開き、まばたきもしない。心臓は、このまま飛び出してくるのではないかと思うほど、バクバクと強くなっていた。

「正直、“もうダメかもしれない…”と思ったんです。でも、そんな弱音を吐いている私よりも、こむぎは強かった。血液の濃度を薄める処置にも耐え、発作にも耐え、冬を越してくれたんです」

 それは奇跡だった。薬なくしては生きられない小さな体で、こむぎはどんな大きな発作にも負けることなく必死に生きようともがいているのだ。

 しかし一方で、それは決してきれい事ばかりではない。tomoさんの生活はこれまで通りとはいかない。のまなくてはいけない薬の量は増え、月の薬代や病院代は3万5000~4万円ほど。気温の変化によっても体調が変わるなど、tomoさんは片時もこむぎから注意をそらさない。

 茶屋ヶ坂動物病院の金本勇先生が話す。

「動物は言葉が話せませんから、先回りして環境を整えてあげなくてはいけません。先天性の病気を持った動物と一緒に暮らすというのはそれほど大変なこと。こむぎちゃんの飼い主さんは、そうした覚悟を決めて一緒に生きていこうと決めたのでしょう」

 余命宣告をされたとき、tomoさんは、つらい思いをインスタグラムに投稿した。こむぎにエールを送る人は次第に増え続け、今や30万人近くの人が見守っている。

※女性セブン2015年10月22・25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
instagram30万フォロワーの猫「こむぎ」 飼い主との出会い
41才バカ夫 ひやむぎのピンク色麺を5才息子から奪い上機嫌
うどんの長径 決まったサイズを破った表示すると処罰

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP