ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香川真司似芸人がうどん紹介 本人と対面時「一切ボケなし」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年から始めた香川真司選手のモノマネが話題、どるとんずの浅野智秋(23才)。激似のあまり香川選手所属のドルトムントの公式Facebookに紹介されている。

 そんな浅野がグルメなお取り寄せとして紹介するのは、香川つながりで香川県のうどん。

「香川選手はうどんが大好物だそうですが、奇遇にも、ぼくも バイト後はうどんばっかり(笑い)。パパッと食べられて消化にいいんですよね。ここのうどんは普段料理をしないぼくでも、お店レベルのつるつる&しこしこ 麺に茹で上がるんです。実は最近彼女ができたんですけど…(照)。えび天とかうどんの具を作ってもらえる関係に早くなりたいっすね」

 ちなみに、香川選手本人と対面した時は「緊張して一切ボケなしでした」とのこと。

■香川県/讃匠(さんしょう)
亀城庵(きじょうあん) 豪華福福讃岐うどん(本格だし付き セット・10人前)

 2段階熟成を経て、みずみずしさとコシのある麺ができあがる。並切讃岐うどん(240g)×2、国産小麦100%使用「薫うどん」(240g)×3、ぶっかけだし×4、ざるだし×6/3600円。

※女性セブン2015年10月22・25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香川で修業した主人 理想のうどんは「つきたての餅」の食感
うどん用小麦の使用量 香川に続く全国2位は群馬、3位は埼玉
讃岐うどんブームの火付け役「るみばあちゃん」売りまくる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。