ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

洗練された大人のハロウィンパーティーを楽しむコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年のハロウィンは土曜日。
前日の金曜日からイベントを楽しむのもいいけど、今年は気の合う仲間とホームパーティーをするのもいいかも!
そこで、ホームパーティーがはじめてでも洗練された大人のハロウィンホームパーティーを楽しむコツをご紹介いたします。
今年は楽してセンスアップなホームパーティーで、仲間と一緒に盛り上がりましょう。

テーマカラーはブラック×ホワイトで統一

marys.party.couture_instagramさん(@marys.party.couture)が投稿した写真 – 2015 10月 12 4:57午後 PDT

テーブルクロスやガーランド、バルーンなど、パーティアイテムのテーマカラーをブラック×ホワイトで統一すると、大人らしい洗練された雰囲気を演出できます。
オールブラックのドレスコードのような、テーマを決めたハロウィン仮装をプラスすればテーマ性がぐっと高まります。

ハロウィン気分を高める「ガーランド」はオリジナルで

意外と簡単に作れて、その場が華やかになるのが「ガーランド」。
ただ意外と大人っぽいハロウィンガーランドって、市販のものだと少ないもの。それならば自分だけのオリジナルガーランドを作ってみましょう。
パソコンのWordソフトを活用してみたり、パソコンが苦手な方はインターネットで「printable」のキーワードで検索すると、海外サイトで無料ダウンロードできるので、イメージに沿ったものを捜してみて。
私は、「PAGING SUPERMOM!」をよくチェックしています。

クモでキモかわいさを演出!

marys.party.couture_instagramさん(@marys.party.couture)が投稿した写真 – 2015 10月 14 8:24午前 PDT

100円ショップで売っているバルーン、画用紙、リボンを使って「クモのハンギングデコレーション」を飾れば、ハロウィンのワンポイントデコの完成。
バルーンを空気で膨らまして、壁や天井にテープで貼り付けるだけ。バルーンの先から吊るしたリボンに、画用紙で作ったクモを吊るせば、まるで浮いているようにも見えます。

クリスマスまで楽しめるハロウィンツリー

marys.party.couture_instagramさん(@marys.party.couture)が投稿した写真 – 2015 10月 13 2:47午前 PDT

いつものクリスマスツリーも、今年は一足早めに出して「ハロウィンツリー」として飾ってみて。
ハロウィングッズやお菓子などを飾って、自分だけのハロウィンツリーを楽しみましょう。オーナメントを変えればハロウィンからクリスマスまで長く楽しめます。
ついつい仮装に夢中のハロウィンですが、実は仮装の魅力をぐっと引き立てるのはまわりの背景や場所だったりするもの。
今年はホームパーティーという選択肢を楽しんでみるのもアリかも。お気に入りの仮装で、自分好みのデコレーションの中、より一層フォトジェニックな写真撮影も楽しめます。


(グリッティ)記事関連リンク
【血液型別】ステキな彼との出会いをキャッチするミッション
人と被りたくないなら、参考にしたい海外セレブのハロウィンコス
みんなに配れるちょっぴり不気味なハロウィンスイーツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP