ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

靴下に穴があくのは、「体の毒素」が原因かも・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫
doctors-me-kutsushita_215102131

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

「お気に入りの靴下だったのに…」

靴下は履いているといつの間にか穴があいてしまうものですが、穴があくとショックですよね。一見、靴下の穴は身体の不調とは関係がなさそうですが、実は靴下の穴には身体が出す「毒素」が影響しているものもあるのだそう。
今回はそんな「カラダから出る毒素」の正体について医師に聞いてみました!

靴下に穴があく原因の
ほとんどが摩擦

worn out dirty socks with a hole and toes.

靴下に穴があく理由、そのほとんどは、足と靴の間に起こる摩擦が原因です。どんなに足にぴったりの靴を履いていても、走ったり飛んだりしたときに、足と靴の動きに微妙な違いが発生し、そのときには間に存在する靴下に大きな摩擦力が掛かります。

この摩擦力はそれほど大きくないですし、靴下自体も伸縮性がありますので、すぐに破けたりと言うことはありませんが、これが積もり積もって、やがて靴下が薄くなり、最終的には破れてしまうということが考えられます。

カラダの毒素が靴下を
溶かしてしまう!?

Man with worn out socks having coffee in kitchen

この摩擦に加えて、もう一つ重要な役割を果たすのが、足から出る汗です。
人体は知らないうちに汗をかいています。走った後の大粒の汗ではなく、目には見えないごく微量の汗です。これは足においても然りで、足の甲、足の裏、至る所から汗が出ています。特に暑さで蒸れたときには、この汗が多くなりますよね。

汗に含まれる水分によって、靴下に微妙なダメージをあたえ、破けやすくなります。また汗に含まれる微量のアンモニアも、布には悪い影響を与え、破けやすくなります。
さらに重要なのが、足にいるばい菌との関係です。人体の皮膚表面には無数のばい菌が存在し、高温多湿の足の裏は非常に多いことが知られています。これらのばい菌は、足の裏から出る汗を餌に生きています。ばい菌も呼吸をし、色々な代謝物を外に出しています。また細胞の壁を溶かすような毒素も出しています。そういったものが、布にも影響し、靴下が破れ易くなるかもしれません。

■医師からのアドバイス

doctors-me-kutsushita_000002531966_Medium

 

靴下に穴が空くことは、病気でも何でもありません。でも、今までよりも早く穴が空いたり、また周りの人たちと比べて明らかな差があるときは、上記に上げた靴とのバランスや足の環境(高温多湿)が悪い影響を与えているかもしれません。
足を清潔に保つこと、これが一番ですね。あまりにも気になるときは、水虫などが隠れているかもしれません。そんなときは、是非お近くの皮膚科の先生に見てもらってください。

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

関連記事リンク(外部サイト)

他人に流されて生きている、アナタが忘れがちな「10の法則」
朝にピッタリ!ヨガと同じ効果が得られる、シンプルな「6つの習慣」
1%のチャンスを成功に導く『7つのヒント』

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。