体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蜷川実花が「道後温泉」とコラボ!これは見逃せない・・・

MAIN_02_5D3B7986_re16001

道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。
そんな歴史ある土地で開催されている「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」が、2015年10月1日にグランドオープン。第3弾となる今回の作品も、大きな反響を呼ぶこと必至だ。

MAIN_01_5D3B8003_re_R

©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

MAIN_03_5D3B8061_re_R

©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

その目玉は、『道後温泉本館インスタレーション』。「道後温泉本館」の障子やガラスが、蜷川氏が撮影した花の写真によって彩られている。さらに、夜間はライトアップと映像の投影が施され、日中とは違った幻想的な空間へと変貌することに。

beams_bag_1_R

©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

また、セレクトショップ「BEAMS」とのコラボレーションによるオリジナルエコバッグを道後地区限定で作成。2015年11月1日から、イベント参加者等にノベルティとして配布される予定だ。

NV044bkHerqxYjUc96iaRNTs3G96VPh4hlXEglJ4TZQ,vUgDXaEQX3vGeFBXh3RG8D19Gk1xENsERV1rFPH47ss_R

©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

そもそも、この「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」は、2014年に開催された「道後オンセナート 2014」を引き継ぐ形で展開中のもの。蜷川氏をメインアーティストに迎え、2015年5月1日から、道後地区にさまざまなアート作品が登場している。

00KhcyyfV_F--tH22XIbYd4evffNiYsapG6Oxv3O5S0,uJoMz_sN82bR-jYxraV00yiM-qMU7yV5yphbEXY24H4_R

©mika ninagawa,Courtesy of omio Koyama Gallery

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy