体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョン・レノンが訪れた地へ − カナダでの「平和の週末」後編

フェアモント・クイーン・エリザベスホテルのヴィーガン朝食

フェアモント・クイーン・エリザベスホテルのヴィーガン朝食

[前編からの続きです]

フェアモントでの健康的な朝食

フェアモント・クイーン・エリザベスを運営しているフェアモント・ホテル社は、環境と健康の分野に力を入れているようです。ホテルのレストランである「Beaver Club」は、Tourism Montrealによって、モントリオールでトップクラスの「グリーン・レストラン」として紹介されました。

ここでの朝食のとき、グルテンフリーのメニューがあることに驚きました。ヴィーガン、マクロビオティック、ローフードのメニューもあります。私はヴィーガンメニューにしました。満足できるほどおいしく健康的な朝ご飯でした。

ホテルをチェックアウトする前に、PR部長のJoanne Papineauが屋上の庭に案内してくれました。眩しいほど晴れた日だったので、屋上からはセントローレンス川、山とオリンピックスタジオも見えました。25種類のトマト、食べられる花、パイナップルセージなどのハーブ、ベーナス、パプリカなど、ありとあらゆる種類の野菜と、レモン、ライム、メロンなどの果物に囲まれて、とても平和的な時間でした。

屋上で育てられている植物や果物は、ここのホテルの料理やカクテルに使われているそうです。去年はなんと、屋上の庭だけで163キロもの食材を生産したのだとか! すごい画期的な屋上の使い方ですよね。

フェアモント・クイーン・エリザベス・ホテルの屋根の庭

フェアモント・クイーン・エリザベス・ホテルの屋根の庭

もう一つの特徴は屋上の庭にある養蜂場です。トロントの姉妹ホテル、フェアモント・ロイヤル・ヨーク・ホテルのように、様々なミツバチの群れの巣がここにあります。ここで作られている蜂蜜は、ホテルショップで売られています。ジャンヌは誇らしげに養蜂場を見せてくれました。去年は140キロの蜂蜜を生産したそうです。4人のスタッフがミツバチ管理のトレーニングを受けて、屋上の「ハニーハウス」で蜂蜜を作っています。これはモントリオールでは唯一の蜂蜜小屋です。

モントリオールの緑と平和

サンルイスクエア、モントリオール

サンルイスクエア、モントリオール

私は平和な週末の最後の晩に、モントリオールの下町での長い散歩へ出かけました。そこで、たまたま静かな公園に到着。それはサン・ルイ・スクエアというところです。アイスティーを買って、泉の近くに座り、まるでヨーロッパにいるかのような気分でした。

広場には歴史的で静かな雰囲気が漂っており、とても印象的でした。 そこからたくさんのカフェが並んでいるプリンス・アーサーという歩行者用の道を歩き、Ruby Burma (3685 Blvd. St-Laurent)で晩ご飯を食べました。私が知っている限り、これはトロントとモントリオールで唯一のミャンマー料理のレストランであり、今回私は初めてこの料理にチャレンジしたのです。食べた感想は、タイとインド料理の間、デリケートでスパイシーな味。タイ料理やインド料理よりもヘルシーかもしれません。特にミャンマーから輸入されいるお茶の葉っぱのサラダはすごくおいしかったです。

Thet Thet Tun, Ruby Burmaレストランの持ち主
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会