ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雑誌『広告』通算400号!記念イベントでは、片桐はいりさんのトークセッションも開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今月10月19日発売の2015年11月号で、創刊400号を迎える博報堂の雑誌『広告』は、移り変わる時代や社会の「いま」を、独自な視点で切り取る、コミュニケーション文化の総合誌です。

 昭和23年の創刊以来、「広告コミュニケーション文化を発信するメディア」としての役割を担ってきた同誌。歴代編集長は、加固三郎さん、天野祐吉さん、黒田杏子さん、嶋浩一郎さん、永井一史さんが務めてきたことでも知られています。

 2015年より編集長に就任した尾形真理子さんは、「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」(幻冬舎刊)などの著作もあり、クリエイティブディレクター/コピーライターとしては、資生堂やルミネ、ティファニーを手がけてきた人物。今号では『これからの 母性は』を特集テーマに据え、”これからの女性の在り方”を多角的に考え、詳細にレポート。

 このたび、創刊400号の記念イベントとして、尾形編集長と、同誌に連載を持つ俳優・片桐はいりさんのトークセッションが開催決定。今号の取材裏話や、知られざる連載裏話など、聴きどころ盛りだくさんの内容となっています。

 そのほかにも、通算400号を記念して、同誌の歴史を振り返る「400号のあゆみ」WEBを、同誌のサイト上にオープン。10月19日より、これまでの表紙デザインや、主な記事タイトルを年表形式でご紹介、こちらも見逃せないものとなりそうです。

【関連リンク】
http://tsite.jp/daikanyama/event/005184.html
日時:10月21日(水)19:00~20:30
場所:代官山蔦屋書店
参加条件: 『広告』購入+参加料540円(先着順)
問合せ先: 代官山蔦屋書店 tel:03-3770-2525

■関連記事

察することが不得意な男に、女はもっと説明すべき?
現代の子どもはどうして片付けができないのか?
西欧と比較することで見えてくる、日本人の美意識とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP