ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生を変えたいなら、今すぐやめるべき「14の言い訳」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。
例えば、こんなセリフを知らず知らずのうちに言っていませんか?

01.
「私には、無理」

難しいことに挑戦するのは誰にとっても、大変なこと。失敗することを恐れて、多くの人が諦めてしまいます。でも過去の事例に目を向けてください。数々の偉業を達成してきたのは、他でもない人間なのです。
自分にはできないと言い聞かせるのではなく、必ずできると鼓舞するように。

02.
「彼らはできるけど、私は○○だから…」

他人にできて、自分にできないことの理由を探しがち。例えば、自分よりいい境遇の人を見つけては彼らは周りに応援されているだの、お金があるからだの、様々な理由をつけます。
でも、目を向けるべきは自分よりも悪い環境の中で頑張り続ける人たち。自分を信じて突き進みましょう。障がいとは、常に克服できるものなのですから。

03.
「○○がないと、できない」

この空白には何が入りますか?車、お金、テレビ、またはコーヒですか?何の助けも借りずに生活することは難しいですが、贅沢をしないでも生きていくことはできます。
本当に大切なことは、食事、水、着るものに家、そして家族と友だち。物質的なものがなくたって、できることはたくさんあります。

04.
「人生は楽しむためにある」

食事もせずに、ジャンクフードばかり食べる人は人生を楽しむためでしょうか?運動をしても、自分の趣味に没頭しても、人生を楽しむことはできます。
自分の捉え方次第で、人生は面白くすることができます。この言葉を言い訳に使わないように。

05.
「ゆっくり休みたい」

少し辛くたって、もう少し頑張ることはできるはずです。例えば、ソファーでゴロゴロせずにエクササイズすることができるし、先延ばしにしたいことを今終わらせることもできます。
どうしても心が楽な方に目を向けている時は、もう少し頑張れると励ましましょう。

06.
「やり方がわからない」

誰でも最初は知らないことばかり。それでも、少しずつ学んでいくのです。オンライン検索したり動画を見たりすれば、ほとんどの情報は載っています。わからないと言う前に、もう少し努力をしましょう。

07.
「明日やればいいや」

嫌なことを、今ではなく明日することだってできます。でも、後になっても同じ気持ちを感じるのでは?なぜ今より未来を厳しくするのでしょうか?
緊急の用事でもない限り、できることは今終わらせましょう。気分が乗らないからといって後回しすることは厳禁。

08.
「一回だけなら大丈夫」

チョコレートを一口だけ食べる。エクササイズを1日だけ休む。仕事を一回だけ先延ばす…。でも、残念ながら一度だけということはありません。この言葉を使っていると、何も守れなくなってしまいます。
大切なのはルールを作ること。仮にチョコレートケーキを食べるなら、週に1度、週末のみと事前に決めましょう。計画に例外は作らず、遵守するように。

09.
「そんな気分じゃない」

気分が乗らず、働きたくないと思うこともあります。でもその気分を変えられるのは、自分だけ。行動して気分が変わることだってあります。
自分の気持ちに従うだけでなく、抵抗することも時に必要。

10.
「今日は疲れているな」

休息をとるのは大切なこと。でも、休みをとる前に自分の心の声に耳を傾けてください。
疲れ果てて休息が必要な時と、毎日気分が重く感じる疲れとでは違います。後者は乗り越えましょう。

11.
「自分にもっとご褒美を与えるべき」

ひと段落した段階で、休息やご褒美を自分に対して与えることはいいと思います。が、ことあるごとにそうするのは間違い。
ジョギングをすることはご褒美を得るためのものではなく、それ自体が喜びをもたらすものなのです。自分が計画を守れていること自体を、嬉しく感じましょう。

12.
「そろそろ、やめた方がいいんじゃない?」

どんなことにも言えますが、努力し続けることは難しくやめるのは簡単。マラソンに参加している時も、中盤から終わりにかけて苦しい区間はあります。それでも諦めずに走り抜くことで、達成感を味わうことができるのです。自分で思っている以上に、自分は強いということを忘れずに。

13.
「結果は重要じゃない」

マラソンに挑戦している時に、次のようなフレーズが頭をよぎるかもしれません。「完走することが、重要ではない」と。
確かに、結果よりも過程の方が重要です。でも、自分を甘やかすためだけにこの言葉を使っているようなら要注意。結果も重要なのです。

14.
「どうなるか分からないし、怖い」

困難なことに直面した時に、多くの人は恐怖を感じるでしょう。でもこの感情は、やりたくないことへの言い訳として使われることもしばしば。
人生を振り返ってみてください。今まで怖いと感じたことは克服できたはずです。恐怖を感じることは誰にだってありますが、それを克服する術を身につけるべき。

Licensed material used with permission by Inspire Amaze

関連記事リンク(外部サイト)

付き合いをやめるべき人「4タイプ」。不幸を望む人がいる・・・
成功者が絶対に忘れない「8つの心得」。そもそも、失敗の概念が違った!
人生をワクワクさせる「5つのテクニック」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP