ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道の観光で絶対はずせない!絶品「ジンギスカン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北海道の郷土料理・ジンギスカンは北海道民に長く愛されている北海道観光の必食グルメ!これからだんだんと寒くなってくると、ジンギスカンを食べる機会がますます増えていきます。

中央が盛り上がったジンギスカン鍋をカンカンに熱し、ジュージューと音を立ててマトン肉と野菜を焼き上げると、何とも食欲をそそる香りがしてきます。鉄板の上でほどよく脂が落ちたマトン肉を、たっぷりの野菜と共にほおばるとお肉の旨みと野菜の甘みが絶妙にマッチ。

ここでは、そんなジンギスカンを食べられる札幌のお店へご案内します。

成吉思汗 だるま 本店

創業60余年のススキノの名店!秘伝のタレで味わう成吉思汗 

アツアツのジンギスカン鍋でいただく行列ができていることも少なくない本店の店構え

昭和29年創業のススキノ名物「成吉思汗 だるま」はいつも行列のできる人気店。新鮮なマトンを開店前に仕入れ、丁寧に手切りしている。炭火で焼くことで余分な脂と臭みを落とし、秘伝のタレで頂く。

4.5坪の広さの店内で、カウンターに肩を並べていただくスタイル。子連れや4名以上の大人数の場合は、徒歩3分以内に位置する支店(6・4店、4・4店、二階亭)がおすすめ! 成吉思汗 だるま 本店(じんぎすかんだるまほんてん)
TEL/011-552-6013
住所/北海道札幌市中央区南5条西4丁目クリスタルビル1F
営業時間/17:00~翌3:00(LO2:00)
定休日/年末年始(12/31~1/2)
料金/ジンギスカン785円、ママの手作りキムチ350円、野菜おかわり200円
「成吉思汗 だるま 本店」の詳細はこちら

ジンギスカン羊飼いの店『いただきます。』

羊飼いから始めたという、唯一の北海道産羊肉専門ジンギスカン店

自慢の北海道産サフォークは希少で、原価はなんと6割超え!牧場直営だからこそできる価格と品質で、オープン以来話題に

北海道産の羊肉専門ジンギスカン店は、ここ1軒だけ!高級で希少品種のサフォーク羊を提供するために、牧場をつくったほどのこだわりで、脂が他とは違い、甘くて美味しいとクチコミで人気に!

牧場直営だからこそ、フレンチレストランでしか出せないようなロースやフィレなどの部位や、レバーなど内臓まで羊1頭まるごと提供。 ジンギスカン羊飼いの店『いただきます。』
TEL/011-552-4029
住所/〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西5-1-6
営業時間/平日11:30~3:00
日祝・連休最終日11:30~23:00
定休日/年中無休
料金/ジンギスカン980円、ロース1790円、レバー980円(税別)
「ジンギスカン羊飼いの店『いただきます。』」の詳細はこちら

肴や しょうすけどん 本店

七輪を囲む屋台風ジンギスカン

炭焼きの香りとにぎわいにビールがすすむ!

国道36号線のススキノのはずれに大きな看板が目を引く一軒。ジンギスカンは七輪の炭火焼で自家製のピリ辛ダレでいただくスタイル。

夏は外のみで、冬はビニールに囲われた中で、ワイワイ楽しめる屋台のような雰囲気は札幌では珍しい。他のお客さんと会話したり、通行人を眺めたり、独特な雰囲気がたまらない。 肴や しょうすけどん 本店
TEL/011-232-9755
住所/北海道札幌市中央区南4条西1丁目
営業時間/18:00~翌2:00
定休日/日曜、祝日
料金/生ラムジンギスカン650円、道産牛のヒレ肉かたまり1100円
「肴や しょうすけどん 本店」の詳細はこちら

※この記事は2015年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

岐阜「せせらぎ街道」の紅葉ドライブ!秋グルメも満載♪
函館のカフェ好きライターが選ぶ「住宅街の隠れ家的カフェ」4選
今年の紅葉は「車窓」から眺めたい!電車紅葉3選【東海】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。