ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1972年以前の曲の著作権使用料、約100億円でPandora合意か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 インターネットラジオのPandora(パンドラ)はメジャーレーベルに対し、1972年以前にレコーディングされた音源の使用料を支払うものの、放送のための著作権使用料は支払わない形で合意するつもりのようだ。ニューヨーク・ポスト紙が伝えている。

 米国にはパフォーマンス権がなく、ラジオや映画館、店舗、レストラン、ホテル、バーなどで演奏してもパフォーマンス使用料は発生しない。しかし、デジタルラジオの出現により、レコードレーベルは放送におけるパフォーマンス権を守ろうとした。

 ところが、連邦原盤権は1972年までなかったため、SiriusXM(シリウスXM)とPandoraはデジタル放送局という立場に関係なく、1972年以前の音源には支払いを行う必要がないという見解を示してきた。

 それでもレコードレーベルとアーティスト側は、これら1972年以前の原盤は個々の州著作権法により使用料の対象となることを主張した。自分たちの原盤を所有するザ・タートルズは、カリフォルニアとニューヨークの州法を引用し、最初にSiriusXMへ、次にPandoraへ使用料支払いを求め提訴。すぐにメジャー各社もこれに続いた。ポスト紙の報道が正しければ、これまでにSiriusXMは2億1,000万ドル(約250億円)を払うことでメジャーレーベルと合意。Pandoraも9,000万ドル(約107億円)の支払いで合意するようだ。

 なお、Pandoraの広報担当は「噂や憶測にはコメントしない」としている。ワーナー・ミュージック・グループとユニバーサル・ミュージック・グループはコメント要請に応じておらず、全米レコード協会はコメントを拒否した。

関連記事リンク(外部サイト)

SOPHIE マドンナや安室奈美恵らの作品に携わる謎のUK出身プロデューサーの作品集がリリース、日本盤はボートラ追加
ニール・ヤング 未発表音源収録!ライヴ・アーカイヴ・シリーズ第7弾『ブルーノート・カフェ』が12月にリリース
リアーナ、ニューアルバム『アンチ(ANTI)』の“11月6日リリース”は誤報?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP