ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“マイケル・ジャクソン最期の16週間”がテレビ番組に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マイケル・ジャクソンの物語がアメリカでテレビ番組になるようだ。Deadline誌が報じている。

 米テレビ/ラジオ司会者のタビス・スマイリーが『Before You Judge Me: The Triumph and Tragedy of Michael Jackson’s Last Days』(裁きの前:マイケル・ジャクソン晩年の成功と悲劇)”というタイトルの本を書いており、2016年6月にLittle, Brown and Companyから出版される予定とのこと。発表されたばかりの契約によると、ワーナー・ブラザースは同書をテレビ・シリーズ化するためにスマイリーと開発・製作契約を結んだという。

 同書ではマイケル・ジャクソンの最期の16週間が小説風に描かれているそうだ。

 なお、ワーナーは同契約の一部として、スマイリー最新刊『My Journey with Maya』のテレビ・シリーズ展開も計画しているという。同社とスマイリーは既に、著書『Death of a King: The Real Story of Dr. Martin Luther King, Jr.’s Final Year』関連で仕事をしており、同書はJ・J・エイブラムスの番組制作会社、バッド・ロボット・プロダクションズと一緒に番組制作が行われている。

関連記事リンク(外部サイト)

SOPHIE マドンナや安室奈美恵らの作品に携わる謎のUK出身プロデューサーの作品集がリリース、日本盤はボートラ追加
ニール・ヤング 未発表音源収録!ライヴ・アーカイヴ・シリーズ第7弾『ブルーノート・カフェ』が12月にリリース
リアーナ、ニューアルバム『アンチ(ANTI)』の“11月6日リリース”は誤報?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP