ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊藤淳史が僧侶を演じる映画公開へ 山本美月、溝端淳平も挨拶

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高野山開創1200年を記念し製作された映画『ボクは坊さん。』が、10月24日に公開されるが、それに先立ち、完成披露試写会が行われ、主演の伊藤淳史らが舞台挨拶に登場した。

 同作は実話を基にしたストーリーの映画化。書店員だった男性が突然24才でお坊さんになる。原作は白川密成さんという現職の僧侶である。『ALWAYS 三丁目の夕日‘64』のスタッフが結集し、今回の作品は完成した。

 お遍路等を舞台としているだけに、同作は10月17日から四国エリアで先行ロードショーされる。他には山本美月、溝端淳平、松田美由紀、イッセー尾形らが出演している。

撮影■高柳茂


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
山本美月 『PRウーマン』初日舞台挨拶で見せたスラリとした脚
山本美月初主演映画『東京PRウーマン』 実在のPR会社が舞台
主演映画公開の八千草薫 仲代達也と一緒に和服姿を披露する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP