ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラグビーW杯開催地の英紙 こぞって日本代表の大健闘を称賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ラグビーW杯でアメリカを破り、有終の美を飾った日本代表。その戦いぶりは、国内外に衝撃を与えた。

 予選プールBに入った日本は、初戦で過去2度のW杯優勝を誇る南アフリカを接戦の末撃破。続くスコットランドには敗れたものの、サモア、アメリカと連勝した。通算3勝1敗の好成績を収めたにもかかわらず、勝ち点の差で決勝トーナメントに出場できなかったのはW杯史上初だ。13日、凱旋帰国した空港では拍手が鳴り止まなかった。

 世界中からも日本代表の健闘を賞賛する声が止まらない。開催国・イギリスでは、「大きな体格同士の闘いになりがちなラグビーだが、日本は技術で補える余地があることを知らしめた」(ガーディアン紙)、「日本の息をつかせぬラグビーは新たなファンを獲得した」(インディペンデント紙)、「最も不運で最も勇敢なチーム」(デイリー・テレグラフ紙)など、ほとんどの新聞が日本を讃えた。

 日本代表キャップ数30、“W杯で挙げた唯一の勝ち星”といわれた1991年ジンバブエ戦のメンバーだった大八木淳史氏は、「日本代表は本当に強くなっている」と目を細めた。ラグビー批評家の中尾亘孝氏はこう賞賛する。

「この3勝にはベスト8と同等の価値があると思います。今大会へ向けた4年間に、世界で一番ハードな練習量をこなして結果を出した。文句なしの快挙です」

 ラグビージャーナリストの村上晃一氏も絶賛。

「正直、サモア、アメリカに2勝はしても、南アフリカとスコットランドに勝つのは難しいと思っていた。3勝したことは日本ラグビーの歴史に残る」

 キックの前の「ルーティーン」が話題になり、アメリカ戦ではマン・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手)に選出されたFB(フルバック)の五郎丸歩(29)の言葉がまた、ファンの涙を誘う。

「世界のラグビーファン、そして日本国民の期待に応えたこのチームを心から誇りに思う」

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
ラグビー日本代表の状況を劇的に変えたE・ジョーンズの手腕
大八木淳史氏 「南ア戦勝利は世界のラグビー史に残る快挙」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP