体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント

原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。

そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas Puzeras氏は、透明度の高い素材で覆ったドーム型のテントを作り出しました。

360°パノラマ
透明ドーム

「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント

テントといっても、実際にはシェルターとして使える機能性を持っています。
大人が6人ほど入ってもゆったりと座れる空間になっており、雨や風にも耐えられる仕様。半日ほどで設置でき、マットレスを敷けば準備は完了です。

「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント 「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント 「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント 「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント 「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント 「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント 「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント

日差しが強くても、オフホワイトのカーテンを閉じればドームの中は暖かい陽だまりに。

「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント 「360°パノラマ」で星空が見える素敵なテント
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy