ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「母親のお弁当」を覚えているのか?6人がチャレンジした結果・・・     

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「どんな?」「あまり覚えてないですね」「うーん、全然思い出せないなあ…」
彼らがそう言って頭を悩ませるのは、昔、母親が自身に作ってくれた弁当について。そう、これから紹介するのは、「形のないものを、人は忘れてしまうのだろうか?」をテーマとした実験動画です。

主役は東京で暮らす6人の若者たち。目の前のテーブルには、6つの弁当が並べられています。それらは、それぞれの実家から届けられたもの。

いざ、実食。

「えっ…」

「ビジュアルは似てるような…」

「これかな…?」

「…」

「ん!?」

自信がなさそうな人から、なんとなく当時の記憶が蘇っていそうな人まで、反応はさまざま。故郷を離れた今でも、彼らは日々食べていた“あの味”を探し当てることができるのでしょうか?結果は、以下の動画をご覧ください。

ちなみに、この動画は、合同会社西友と広告専門誌『ブレーン』の共同企画「ゼロ動」の一つ。制作上の制約をゼロ­にし、クリエイターが自由な発想で作ったものです。手料理が、もうひとつの故郷になることが伝わる、心温まるムービーですよね。

Licensed material used with permission by 合同会社 西友

関連記事リンク(外部サイト)

新しくなったGoogleロゴには、「魔法」がかかっている。
【閲覧注意】「見るだけで」約2万カロリー消費できるホラー映像
【女性必見】圧倒的に「疲れにくい」ヒールが誕生!(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP