ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【新発想】耳掛け式カメラ「Happy Eye」でハンズフリー撮影!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホのカメラや一眼レフの性能はかなり良くなってきているが、これらの不便な点は、撮影時に両手がふさがってしまうことだろう。

そこでオーストラリアのスタートアップが開発したのが、イヤホンのように耳に掛けるタイプのカメラ「Happy Eye」。ハンズフリーとなる上、撮影していることを意識せずに撮れるというものだ。

・手軽に装着して固定

カメラを耳にかけた状態にして頭を動かして被写体を追うと、同時にカメラも動くので、視点と同じアングルで撮影できる。つまり、撮影者の視野をそのまま撮影するような形になる。

最近ではGoProのようにヘルメットなどに取り付けられるカメラや、首からネックレスのようにかけられるものなどさまざまなタイプがあるが、Happy Eyeは耳に掛けるだけと手軽ながら固定できるのでブレや無駄な動きが少ない点が強みだ。

加えて、画質はフルハイビジョン(1080p)で、オートフォーカス機能も付いている。また、内蔵フラッシュを使えば暗いところでの撮影も大丈夫だ。

・スマホでリアルタイム閲覧

このカメラのもう一つ便利な点はWi-Fiにも対応すること。撮ったものを連携するスマホなどでリアルタイム閲覧できる。

連続撮影時間は最大1.5時間。映像データはHappy Eyeそのものか、スマホに保存可能となっている。

カメラは高価になりがちだが、Happy Eyeの予定小売価格は222オーストラリアドルとお手頃といってもよさそう。しかも、クラウドファンディングサイトKickstarterでは現在、119オーストラリアドル(約1万300円)〜となっている。

プレオーダーは11月16日までなので、興味のある人はお早めに。

Happy Eye/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP