ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

V-Lowマルチメディア放送のサービス名が「i-dio」に決定、年内にi-dio対応のAndroidスマートフォン「i-dio Phone」が発売予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BIC グループが V-Low マルチメディア放送のサービス名を「i-dio(アイディオ)」に決定し、2016 年 3 月より東京、大阪、福岡でサービスを開始すると発表しました。V-Low マルチメディアとは、地デジ放送の開始によって空いた 99 〜 108MHz(VHF1-3 チャンネル)を活用した放送サービスのことです。V-Hing が「モバキャス」として提供されていますが、V-Low は「i-dio」として提供されます。i-dio ではスマートフォンやカーナビといったモバイル端末を対象に映像や音声、データ情報を組み合わせて送信する地域向けの放送サービスをはじめ、文字や映像付きの防災情報の同時配信や映像に合わせクーポンを配信できるなど、これまでになかったマルチメディア放送が可能になります。i-dio を利用するにはチューナーが必要で、まずは年内にコヴィアより i-dio に対応した SIM フリースマートフォン「i-dio Phone」が発売されます。i-dio Phone は Android を搭載したスマートフォンで、、i-dio だけではなく、地上デジタルテレビや FM ラジオにも対応しています。詳細は後日発表される予定です。i-dio の展開スケジュールは、2016 年度上期中に名古屋、静岡、広島、兵庫、福島で開始され、2016 年度下期に関東と九州でエリア展開が行われる予定です。2019 年度までには世帯カバー率 78.3% を目指すとのこと。Source : V-Low マルチメディア放送

■関連記事
国内向け「Desire EYE」と「Desire 626」は10月17日に発売
Nexus 6用Android 6.0(MRA58K)のOTAファイル
画面が360回転するAcer の Chromebook R 11が米国のAmazonで予約開始、日本への発送にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP