ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名画のあのシーンも!超リアルな“ミニチュア博物館”が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスのリヨンにある「ミニチュア&映画博物館」は、16世紀に建てられた歴史的建造物のなかにある人気観光スポット。

ここに展示されている100以上のミニチュアセットは、“ミニチュアリスト”で、この博物館のキュレーターでもある、ダン・オールマン氏の作品。

ミニチュアの世界に魅せられて20年。

信じられないほどリアルな小道具の数々は、オールマン氏がコツコツと製作してきた。

すべての小物の数を合わせると、製作されたミニチュアは1000体以上

作品のなかには、実際の映画に登場するシーンをもとに、製作されたものもあるそうだ。

セットのなかの壁紙や家具は本物らしく見えるよう、汚れや引っかき傷などが施されていたりして、そのこだわりには驚かされるばかり。

ご覧のように、写真のなかに写っている人間の手と比べると、いかにこのセットが小さく、繊細であるかということがわかるだろう。

ライティングや展示の角度にも、かなりこだわったというこちらの博物館、リヨンまで行けないけど気になるという方は、まず博物館の公式サイトを覗いてみては?

本物と見紛うほどの迫力に、圧倒されるかも!?

 

Musee Miniature et Cinema
http://www.museeminiatureetcinema.fr/accueil_eng.html

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP