ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あのスマホが中古市場から消えた? 9月の中古端末

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月の中古端末の売れ筋ランキングです。
この半年ほど、中古市場で隆盛を誇っていたXperiaがいなくなってしまいました。

エイヤー

順位 商品名
1 softbank 804N
2 docomo N-01G
3 au SCL24 GALAXY Note Edge
4 au AQUOS SERIE mini SHV31
5 au K011 
6 docomo F-08D
7 softbank 904T
8 docomo d-01G dtab
9 docomo N-03E Disney Mobile
10 docomo P-01G

 

エイヤーのランキングからですが、1位がまさかのガラケー!しかも2006年発売のSoftBank端末となっております。まとまった数が市場に流れたのでしょうか。MP3などの楽曲を端末内に保存でき、再生・停止・スキップなどの専用コントロール用キーもついているおもしろい特徴を持った端末なので、琴線に触れた人がいるのかもしれません。2位と10位は、先月も登場していたdocomoで現行発売中のガラケー。5位にはauのガラケー、7位はSoftBankのガラケーと、エイヤーの売れ筋ランキングとしては珍しいガラケーが半数を占める結果となりました。

注目ポイントはその他にもあります。まず3位がauのSCL24 GALAXY Note Edge、続く4位が同じくauの端末で、AQUOS SERIE mini SHV31。GALAXY Note Edgeは白ロムでもSIMロック解除できるかもしれないという未確認情報が上がっているのでランキングした理由は推測がされますが、AQUOS SERIE miniはmineoやUQ mobileのSIMが認識されない機種です。auのSIMを持っている人以外は使えないのでランクインの理由が不明です。このほか、6位と9位がdocomoのスマホですが、Disney Mobile端末というのも今まで無かった傾向です。一時的に流通量があがっているだけなのかもしれませんが。

ダイワンテレコムのランキングも、先月と様相が変わってきています。

ダイワンテレコム

順位 商品名
1 GRATINA
2 105SH
3 au iphone5S 16GB
4 P-01G
5 202SH PANTONE WATERPROOF
6 GRATINA2
7 P-01E
8 SC-03E GALAXY S III α
9 au iphone5 16GB
10 740SC

 

ランキングの大部分をガラケーが占めている状況と、GRATINAが相変わらずぶっちぎりの1位、SoftBankの端末が一番多くランクインしている、というのは変わりありません。しかし、スマホの売れ筋機種には変化の兆しが表れました。

au版のiPhoneが2つランクイン。Phone5Sが3位に、iPhone 5は9位という順位。これはiPhone 6sの発売により、中古市場にiPhone 5や5Sがより多く流れてきた、とみるのが正しいのかもしれませんね。いつもならSoftBank版がランクインしていますが、au版のみが上がってきているのは今まで無かったことです。

また、8位にGALAXY S III αが初ランクイン。久々にあがってきたAndroidがGALAXYというのも、最近の傾向からはありませんでした。

両店舗で共通しているのは、エイヤーはAndroid、ダイワンテレコムはiPhoneでしたが、どちらもauの端末が勢いを増しているという点です。しかもGALAXY Note EdgeもAQUOS SERIE miniもMVNO SIMでは公式には動作確認が取れておらず、iPhoneもOSをアップデートしないと利用できない機種でした。

これが意味するところは……やはりiPhone 6s発売にからんでの事なのかもしれません。いろいろ番狂わせが起きた今月のランキングですが、果たして来月以降もXperiaは上がってこないのか、au端末人気が続くのか、そのあたりに注目していきたいと思います。

(文:空色ぐらたん)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP