ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スペインの治安は?注意すべき場所と安全な旅行のポイント7つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道

こんにちは。TRiPORTライターのkiemiです。
バルセロナのガウディ建築、マドリードの美術館、アンダルシアのイスラム建築、スペインって本当に見所が多くてワクワクしますよね。一度行ったことのある筆者も、ぜひまた訪れたい国の一つです。
今回は、みなさんのスペイン旅行がもっと安全で快適になるように、出発前に知っておきたいスペインの治安と、気をつけるべきポイントをご紹介します。

スペインの治安

一昔前は、ヨーロッパの中でも治安が不安視される国でしたが、近年は警察や自治体などの取り組みにより改善されてきています。しかし、観光客を狙った軽犯罪は未だ少なくありません。
どのようなことに気をつけたらよいのか、どんな場面にどんな危険があるのか、また注意するべき場所はどこなのか、まとめてみました。

参考

2012年における事件別邦人被害件数(スペイン全土)
発生件数

スリ
197

置き引き
189

偽警官
17

車上狙い・パンク盗
19

ひったくり
7

首絞め強盗
2

その他
64


494

出典:外務省海外安全ホームページ 在留邦人向け安全の手引き 在スペイン日本国大使館より

気をつけるべき7つのポイント

Photo credit: Jean Vaella「Barcelona!

1. スリ

旅行者がスペインで受ける被害で最も多いのがスリ。ポケットの中のもの、カバンに入れていたものが気がついた時にはなくなっています。注意を引く人間と盗む人間とに分かれた集団で行われることが多く、あっという間にとられた物がどこにいったか分からなくなってします。
また、子供や女性、お年寄りなど一見スリとは思えない人にも注意が必要です。観光地とその周辺の路地、地下鉄駅などの公共交通機関では特に気をつけましょう。

<スリの種類>
ケチャップスリ

被害者をわざと汚した上で、親切を装い指摘したり拭き取ってあげるなどして注意を引いている間に、別の者が盗む。
目隠しスリ

地図などを広げて、手元を見られないように盗む。
物売りスリ

路上で物売りとして近付き、注意を引いている間に盗む。
切り裂きスリ

電車内などで、リュックや肩にかけられたバッグを後方から切り裂き、中の貴重品を抜く。

2. 置き引き

スリと並んで多い被害が置き引きです。日本では、荷物を置いたまま席を離れる人も多いですが、日本国外では「盗んでください」と自ら言っているようなもの。絶対にやめましょう。
また、犯罪者はあなたにちょっとした隙が生まれる瞬間を狙っているので、自分のすぐそばに置いていても注意が必要です。足元や隣の椅子に置くこと、椅子の背もたれにひっかけること、テーブルの上に置くのはやめて、常に自分の前や膝の上や置くようにしてください。

3. 声をかけてくる人はまず疑うこと

前述のスリや置き引きでは、被害者の注意を引くために話しかけてくる場合が多いです。実際に筆者も、バルセロナで二度被害に遭いかけています(未遂で終わりました)。
一度目は宿を探していた時。1人に道を尋ねられているところに、もう1人がニセ警官として登場し、パスポートと財布の提示を求められました。
二度目は知人と広場で話していた時のこと。1人に「タバコ持ってる?」と話しかけられている間に、後方から近づいてきた仲間にカメラを盗まれそうになりました。
このことからも分かるように、街中で見ず知らずの人に話しかけられたら、まずは疑ってみることが必要です。これで、被害を未然に防げます。

4. 貴重品の管理とバッグの持ち方

大量の現金を持ち歩いたり、金目の物を身につけるのはやめましょう。パスポートも現物はホテルのセーフティボックスに預けるか、体に直に触れる場所にしまい、人前では出さないようにします。
バッグは肩からかけられるものを前にして持つとよいです。ひったくられやすいハンドバッグや、後方が見えずスリ被害に遭いやすいリュックサックは使わない方が無難です。

5. 物乞い

観光客の多い場所では、物乞いに声をかけられることがあります。相手をせずに、すみやかにその場を離れるのがよいでしょう。

6. テロ事件

世界的にテロへの警戒が強まっていますが、スペインでも過去にテロ事件がありました。被害に遭わないようにするのは難しいですが、人の多く集まる場所はテロの標的にされやすいことを常に意識し、不審な人物や物に近づかないようにしましょう。
イスラム過激派テロ組織

2004年、朝の通勤時間帯を狙ったマドリード同時多発列車爆発テロ事件は、計10回の爆発により191名の犠牲者と2000名以上の負傷者が出る過去最悪の事件となりました。アル・カイーダと関係があったテロ組織の人物たちが逮捕されています。
バスク祖国と自由(ETA)

スペインとフランスにまたがるバスク地方の分離独立を目指す過激派組織です。過去にマドリードやバルセロナ、地中海沿岸地域でテロ事件を起こしていますが、2010年にETAの幹部より武装闘争の停止発表がありました。しかし、組織が消滅したわけではなく、政府は恒久的な武装解除を要求しています。

7. 好奇心のままに探検するのはほどほどに

海外に行くと、見たことがない景色や心ひかれる路地を見つけて、つい探検したくなりますよね。気の赴くままに歩いているうちに、地元の人も近寄らない場所に足を踏み入れてしまうこともあるのが、旅行者の怖いところ。旅慣れている人こそ注意が必要です。
また、スペイン旅行の醍醐味バル巡りも、帰り道にはくれぐれも気をつけてくださいね。

地域別にみる治安情報

Photo credit: Akiko Oda「夫婦で気ままな街歩き♪ガウディ建築やら食べ歩きやら★バルセロナ編
観光客を狙う犯罪のうち、およそ9割がマドリードとバルセロナで占められ、残りの1割がアンダルシアなどの都市になっています。いずれの都市でも早朝、昼食及びシエスタの時間帯(13~16時頃)、夜間など人通りが少なくなる時間に気をつけてください。

バルセロナ

外国人観光客が多く集まる観光地やその周辺で、スリと置き引きが多発しています。また、私服警官を名乗るニセ警官被害もよく報告されています。筆者も実際に、ニセ警官による荷物検査とスリに遭いかけています。

<注意が必要な場所>
サンツ駅やカタルーニャ駅などの地下鉄駅の構内と車内
北バスターミナル
ランブラス通り
カタルーニャ広場周辺
サグラダファミリアやグエル公園等の観光地
ゴシック地区
カンプ・ノウ・スタジアム周辺
モンジュイックの丘
バルセロナ=エル・プラット空港
ホテルのロビー

マドリード

バルセロナと同じく観光客の多く集まる場所で、スリや置き引きが多発しています。また、私服警官を名乗るニセ警官被害事件も確認されています。また、屋外だけでなく、百貨店やファーストフード店、洋服店など屋内での盗難にも気をつけてください。

<注意が必要な場所>
地下鉄駅構内と車内
プエルタ・デル・ソル
スペイン広場
マヨール広場
王宮周辺
サンティアゴ・ベルナベウ・サッカー場付近
プラド美術館やレイナ・ソフィア美術館周辺
グラン・ビア通り付近
アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港
バスターミナル
ホテル内ロビー及びレストラン等

観光客が多く訪れる都市

<注意したい都市>
セビージャ
グラナダ
コルドバ
バレンシア
サンティアゴ・デ・コンポステーラ

など

<注意が必要な場所>
観光地と周辺の路地
空港、駅、バスターミナル
ホテルのロビー
飲食店

その他の都市

他の都市と同じくスリや置き引きに注意し、人通りの少ない場所や夜間の一人歩きを避けて観光する限りでは、特に心配はないでしょう。しかし、常に自分が外国人であり狙われやすい存在であることは意識しましょう。

場面別・気をつけたいこと

Photo credit: Yuria「Barcelona
スペインを旅行する日本人が遭遇する被害の多くは、スリと置き引き。これはつまり、事前の準備と心がけ次第で、多くの被害を防げることを意味します。どんな場面でどんなことに注意する必要があるのかご紹介していきます。

出発前

<用意したいもの>
セキュリティベルト

もはや海外旅行の必需品と言えるかもしれないセーフティベルト。大きめの紙幣やパスポートなどはここにしまいます。肌に触れるので通気性がよくて軽いものがオススメです。貴重品入れには首から下げるタイプもありますが、紐が首から見えないようにしましょう。
パスポートのコピー

とにかく大切なパスポート。これがなくなってしまうと大変な手間をとることになり、旅行のスケジュールが大きく変わってしまいます。現物を取り出すのは可能な限り避け、コピーで済ませることができる場面は、コピーで済ませましょう。筆者は、ニセ警官にパスポートを要求された時、コピーを見せて難を逃れることができましたよ。
連絡先とカード情報のメモ

何かがあった時でも、どこに連絡しどんな情報が必要かあらかじめ分かっていると安心ですよね。大使館や警察などの緊急連絡先や、クレジットカードやキャッシュカード、航空会社の連絡先と情報をメモしておきましょう。
肩からかけられるバッグ

ひったくられやすいハンドバッグや、後方が見えないリュックサックは使わず、肩からかけられるバッグを使うのがオススメです。斜めがけは、ひったくられると転倒して大怪我をすることもあるので、バイクや車が自分の横を通る路地では、車道と反対側の肩にかけるのがいいでしょう。
<心構え>
危険な場所と事例を知る

ちょっとした心がけで、多くの犯罪から身を守ることができます。危険な場所を知りどんな被害事例があるのか知ることは、最も大切な準備のひとつです。
高額な物を持って行かない、身につけない

安全な国に暮らし、普段警戒をする必要のない日本人の私たちは、注意力に欠け、スペインに限らず標的にされることが多いです。また、お金持ちであるというイメージも持たれています。見た目が派手だとお金を持っていることを主張しているようなもの。
おしゃれをしたい気持ちもわかりますが、盗まれて落ち込むような高額なアクセサリーや時計は、日本に置いて行きましょう。
現金は少なめに

今は国際キャッシュカードを使えば、どこでもATMでお金を引き出せます。周りに十分注意して利用する必要はありますが、多くの現金を日本から持ってくるより安全です。ちなみにトラベラーズチェックは使えるところが少ないので、用意する必要はないでしょう。
宿は事前に予約を

初日の宿の予約は必ず日本でしておきましょう。その後の宿も日本で予約できるといいですが、かっちりと旅程を決めない旅では、予約できないこともありますよね。そういう場合は、一つ前の街にいる時に宿を予約すると安心です。
また、安宿は治安のよくないエリアにある場合があるので、予約前に確認しましょう。

空港からホテルへ

遅い時間に到着するのを避ける

夜遅い時間に到着するフライトを避けるのはもちろんですが、もし到着が遅くなる場合は、無理な移動はやめましょう。同じく、早朝も注意が必要です。
きちんと身の回りを整えた状態で空港を出る

空港では、パスポートや航空券、お財布などを取り出す場面が多く、バッグの中や身だしなみが乱れがちです。筆者は空港に着くと、まずトイレで身の回りを整えます。パスポートをセーフティベルトにしまい、貴重品の場所を確認し、簡単にその後のシミュレーションをして一息ついてから、空港を出るのがオススメです。
無理せずタクシーを使う

移動費を安く済ませようと、地下鉄やバスを使う人も多いですが、土地勘のない場所でガイドブックを見ながらキョロキョロ、たくさんの荷物で手がふさがった状態は、狙われやすく危険です。無理せずタクシーを使うことをオススメします。ただし、降車時は狙われやすい瞬間なので気をつけてください。慌てて降りず、お財布を安全な場所にしまい、荷物もきちんと持った状態で落ち着いて降りましょう。
間違っても夜の宿探しはしないで

荷物と全財産を身に付けた状態で、見知らぬ土地を宿を探してウロウロするのが狙われやすいのは、想像に難くありません。また昼間であっても、できるだけ宿は事前に予約しておきましょう。筆者がニセ警官に遭遇したのは、まさにバルセロナに到着して、全ての荷物を身に付けた状態で宿を探している時でした。被害に遭わずに済みましたが、今でも思い出すとひやっとします。

ホテルでは

チェックイン時の置き引きに注意

長い移動から解放されてホテルに着くと安心しますよね。しかし、まさにその安心が命取り。チェックイン時には慣れない英語を使ったり、パスポートやお金を出し入れして、注意力が散漫になりがちです。近くのテーブルや椅子には、一瞬であっても物は置かないでください。
貴重品は常に安全なところに

セーフティボックスがあるところではセーフティボックスへ。なければ、常に確認できるところに。自分の部屋だからと、その辺に放置したまま部屋を離れることはしないようにしましょう。

観光する時

貴重品は持ち歩かないのが基本

とにかく盗られるようなものを持ち歩かないのが一番です。貴重品はホテルに預け、お金もその日の観光に必要な分だけにとどめます。
上着やズボンなどのポケットに何も入れない

スリの多いスペインでは、ポケットに物を入れるのはオススメできません。自分の近くだからと、ついポケットに物を入れてしまいがちですが、相手はプロのスリ。気づかれないように巧妙に抜き去ります。
話しかけてくる人に注意

見知らぬ土地の街中で、観光客である私たちに話しかけてくる人は、何かしらの意図がある場合がほとんどです。常に疑う気持ちを持ち、怪しさを感じたら無視してその場を立ち去りましょう。
上を見上げたり、写真を撮影する瞬間に気をつける

建物を見上げている時や、写真撮影をする時は、つい手荷物への注意が手薄になりがちなので気をつけましょう。

移動時

移動時間と移動手段に気をつける

いずれの移動手段を利用する場合も、早朝と夜の利用に気をつけてください。また、目的地や自分の状況に合わせて、適切な交通手段を選ぶことも大切です。荷物を多く抱えている時や、初めて空港から市内へ出る時はタクシーを使うのがオススメです。
公共の交通機関では寝ないで

日本では席に座るとホッとして寝てしまう人も多いと思いますが、スペインの地下鉄、市内バス、列車では寝ないように。膝の上に荷物を置いていても、気付いた時にはなくなってしまう危険があります。
荷物は体の前に

体の後ろや側面だと、盗まれる危険が上がります。また、切り裂きスリの被害にも遭いやすいです。荷物は体の前にもってくるようにしましょう。
地下鉄ではドア付近に立たない

ドア付近は人の出入りが激しく、スリ集団にも囲まれやすいので危険です。車内の奥まで入りましょう。
乗降時に注意

乗降時は、混雑と電車の発車を利用した被害に遭いやすくなります。被害に遭ったことに気付いても、電車が発車してしまえば、二度と取り戻すことはできません。自分自身が乗り降りしない場合でも、荷物はしっかり抱えるようにしましょう。
不審人物に気をつける

空いているのに隣に座ってくる人、ぐいぐいと体を押してくる人、近くで地図を広げる人、話しかけてくる人などに気をつけましょう。
エスカレーターに注意

地下鉄駅のエスカレーターは、車内と同じく被害に遭いやすい場所です。特に注意が必要なのは、エスカレーターから降りる時。ターゲットの前方でわざと立ち止まって行く手をふさぎ、後ろから荷物を狙う手口がよく聞かれます。階段を使った方が安心です。
レンタカーには荷物を残さないように

レンタカーを利用する際は、車内に荷物を残さないように。車上荒らしの被害も報告されています。

レストラン・喫茶店

地面、隣の椅子、椅子の背もたれに荷物を置かない

繰り返しになりますが、荷物は自分の体の前や膝の上に持ってくるのが基本です。
意外と危ないテーブルの上

まさか自分が食事をしている目の前のテーブルの上に置いたものがなくなるとは、誰も思いませんよね。しかし、声をかけられて気をとられた一瞬の間に盗まれることもあります。おいしそうな食事が出てきて写真を撮った後も、カメラや携帯電話はすぐにしまいましょう。

被害に遭った時は

抵抗したり取り戻そうとしない

万が一被害に遭ってしまった場合は、潔く諦めることが大事です。相手は複数であることが多く、ナイフなどを隠し持っている場合も。なによりも守らなければいけないのは、身の安全です。
被害を報告する

面倒だからと被害届を出さずにいると、せっかく保険に入っていても、後から保険金の請求ができないことがあります。ちょっと手間はかかりますが、警察に出向きましょう。
パスポートを紛失した場合は

在スペイン日本国大使館(マドリード)に、連絡しましょう。

在スペイン日本国大使館(Embajada del Japón)
住所:Calle Serrano,109, 28006 Madrid
電話:(代表)91-590-7600(領事部直通)91-590-7614
窓口受付時間:(月〜金)9:30~13:15、14:45~16:30 ※7・8月は、9:00~14:30
電話受付時間:(月〜金)9:30~13:45、14:45~17:30 ※7・8月は、8:30~15:30

緊急連絡先

Photo credit: Contando Estrelas via flickr cc
救急全般:112(警察、消防、救急すべての共通番号)
国家警察:091
市警察:092
治安警察:062
消防:080
救急:061

在スペイン日本国大使館(Embajada del Japón)
住所:Calle Serrano,109, 28006 Madrid
電話:(代表)91-590-7600(領事部直通)91-590-7614
窓口受付時間:(月〜金)9:30~13:15、14:45~16:30 ※7・8月は、9:00~14:30
電話受付時間:(月〜金)9:30~13:45、14:45~17:30 ※7・8月は、8:30~15:30

在バルセロナ日本国総領事館(Consulado General del Japón)
住所:Avda. Diagonal, 640, 2a-D, 08017 Barcelona
電話:(代表)93-280-3433
窓口受付時間:(月~金)9:00~13:00、15:00~16:00 ※夏期期間 8:30~13:30
電話受付時間:(月~金)9:00~13:30、15:00~17:30 ※夏期期間 8:00~15:00
夏期期間は、例年6/23~8/31)

在ラスパルマス出張駐在官事務所(Consulado del Japón)
住所:Calle Santiago Rusinol, 12 35005 Las Palmas de Gran Canaria
電話:(代表)928-244012
窓口・電話受付時間:(月~金)9:00~12:00、14:00~16:00 ※7・8月 9:00~15:00

※各館とも日本人に関する人身事故等緊急の場合には、時間外でも対応しています。

緊急時の言葉

助けて!:ソコーロ(Socorro)
警察:ポリシア(Policía)
泥棒:ラドロン(Ladrón)
スリ:カルテリスタ(Carterista)
病院:オスピタル(hospital)
救急車:アンブランシア(Ambulancia)
病気:エンフェルモ(Enfermo)
火事:フエゴ(Fuego)
日本大使館:エンバハーダ・デル・ハポン(Embajada del Japón)
日本総領事館:
コンスラード・ヘネラル・デル・ハポン(Consulado General del Japón)
出張駐在官事務所:コンスラード・デル・ハポン(Consulado del Japón)

おわりに

スペインの治安、いかがでしたか? スリや置き引きが多いと聞いて、少し怖くなってしまった方もいるかもしれませんね。しかし、これらの多くはちょっとした意識と心がけで防ぐことができます。
筆者も、事前に被害事例を知っていたことで、被害に遭わずに楽しむことができました。あなたのスペイン旅行も楽しいものになりますように!

ライター:Emi Takaki
Photo by: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道

関連旅行記

*Shingo Yoshizumi「元スペイン在住者が語るスペインお勧めスポット紹介
*Akiko Oda「夫婦で気ままな街歩き♪ガウディ建築やら食べ歩きやら★バルセロナ編
*Emi Takaki「スペイン前編 1/2 スペインはオシャレがいっぱい!マドリード市内観光と二大美術館を巡る

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP