ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老衰死 痛みや苦しみと無縁でむしろ快楽覚えるものとされる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・世田谷にある特別養護老人ホーム「芦花(ろか)ホーム」。今年3月、ひとりの老女が家族に見守られながら静かに息を引き取った。最期を看取った同ホームの石飛幸三医師は、「死因は老衰死だった」と振り返る。
 
「この93歳の女性は食事ができなくなっても、あえて胃ろう(*注)や点滴などの延命治療はしませんでした。一日の大半を眠って過ごすようになり、最期は家族に見守られながら穏やかに息を引き取りました」

【*注:栄養などの摂取のために腹部に手術で穴をあけ、胃に直接チューブを入れて流動食を流し込む方法】

 年老いて死を迎える女性を家族が見届ける様子はNHKスペシャル『老衰死 穏やかな最期を迎えるには』(9月20日放送)で紹介され、大きな反響を呼んだ。

 番組は認知症や様々な病を抱えた、平均年齢およそ90歳の高齢者約100人が生活する芦花ホームに半年間密着。延命治療を施さず、徐々に人生の最終ステップに向かう人たちと見守る家族の姿を詳細に伝えた。

 超高齢社会の日本では、そうした老衰による死者が増加している。1938年の9万8451人をピークに老衰による死者の数は減少を続けていたが、2000年に2万1213人で底を打った後、大幅な増加に転じ、昨年は戦後最高の7万5340人を記録した(厚労省『人口動態調査』)。この10数年でおよそ3.5倍に増加したことになる。全死因に占める割合を比べても、2000年の2.3%(死因順位7位)から昨年の5.9%(同5位)へと急伸している。

 老いと向き合うとき、多くの人が不安を抱くのは死に至るまでの「痛み」や「苦しみ」だ。

 老衰死が間近に迫った高齢者は呼吸が不規則になり、口をパクパクさせながら大きく肩を動かして「ハー、ハー」と音を出して呼吸するようになる。苦しみながら必死に息をする痛ましい様子に見えるが、石飛医師は「大丈夫。全然、苦しくない」と断言する。
 
「普段は使わない首や顎の筋肉を使ってパクパクするのは『下顎呼吸』といって、反射的なものです。一見、本人は苦悶しているように見えますが、すでに意識はなく苦しみもないのです」(石飛医師)

 芦花ホームでは入居者に下顎呼吸が見られても酸素吸入などの処置を行なわず、ただ静かに様子を見守る。苦しみはなく、自然な状態とわかっているからだ。そして迎える最期の瞬間も、痛みや苦しみとは無縁で、むしろ“快楽”を覚えるものであるとされている。石飛医師が指摘する。

「死ぬ瞬間には脳内に鎮痛効果や高潮感をもたらす神経伝達物質のエンドルフィンが分泌され、苦痛を感じないとする研究結果が世界中で出ています。エンドルフィンは“脳内モルヒネ”と呼ばれるもので、食事が摂れなくなっても空腹を感じることはありません」

 老衰死する多くの高齢者の死にゆく様は安寧そのものであり、がんや心臓病などに見られる「闘病」というイメージは感じられない。冒頭で紹介した93歳女性の最期を見届けた長男は番組内でこう語っている。
 
「父が亡くなったときも無理して命を延ばしてもかえってかわいそうだと延命治療をしなかったんです。(母は)よくここまで頑張ったかなと。誉めてあげたい」
 
 老衰死は見守る家族にとっても望ましいものとなることが少なくない。他の病気などと比べて衰弱が緩やかに進行し、死の時期も予見しやすいため、「その日」を迎える心の準備ができる。石飛医師が語る。
 
「年老いて人生の坂を下っていく親を見届けながら、“いよいよ人生の終わりが近づいたな”と実感して、親の死を受け入れる準備ができる。私はよく、患者から『ピンピンコロリで死にたいなあ』といわれますが、賛成できない。何の準備もなく急に死なれたら、残された家族はたまりません。“こうしておけばよかった”といつまでも悔やみ、悲しみを癒すまでに長い時間がかかります」

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
団塊世代高齢化で多死社会のピーク到来 「平穏死」に注目
近藤真彦 胃がんで亡くなった父に「遺骨盗難」で土下座した
自宅で死ぬには在宅ケアチームの結成と本人の意思表明が重要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。