ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最先端のプロジェクション・マッピングは「自転車」で移動式!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自転車が活躍するのは太陽が落ちてから。

街をプロジェクションで
遊びに変える自転車

きらびやかなネオンで装飾した自転車には、2万ルーメンのプロジェクター、PC、バッテリー、さらにはスピーカーが搭載されています。これは結構、重そう…。
このプロジェクションマッピングしながら走る自転車「Suaveciclo」を開発したのは、ブラジルのサンパウロに拠点を置くメディアアート・デュオのvjsuave

街中の建物や壁、街路樹をそのまま活かし、自転車で移動しながら手書きのキャラクターを投影させていく二人。ビルの物陰から、ひょこっとキャラクターが顔を出したり、猫がマンションの壁を逆さまに歩いてみたり。まるで、街全体がアニメの世界に迷い込んだよう。これには子供たちも大喜び。

街に溶け込む
手描きの温かみ

 

いわゆるプロジェクションマッピングって、映像美や世界的建造物との融合など、どちらかというと、テクノロジーの観点や開催場所に注目がいきますよね。でも、対照的にvjsuaveの手法は、手描きのキャラクーに詩やメッセージを添えて、壁や街路樹、湖、歩道に投影していくスタイル。それはなぜか?
そこに暮らす人々との対話や、遊び心を喚起して、彼らの「パフォーマンスと人々が一体になること」を目指しているからなんだそう。ともすれば子供の落書きのような、手描きのキャラクターにこだわる理由は、ここに狙いがあった訳です。

フィルムフェスティバルや音楽イベントにも引っ張りだこのvjsuaveのふたり。ブラジル国内に留まらず、彼らはこのSuavecicloでロシア、スイス、ドイツ、スロバキア、ルクセンブルク、ポルトガルにも出没。突如始まるプロジェクションマッピングは、大人から子供まで世界の人々を魅了し、評価を得ているようですよ。

Licensed material used with permission by VjusaveFacebook

関連記事リンク(外部サイト)

ホームレスのために「小さな家」を作り続ける男性
可愛すぎて食べられない!東北の「くらげこんにゃく」が話題に
六本木ヒルズで開催!「星空のイルミネーション」がロマンチックすぎる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。