ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年下女子の能力(魅力)を自分のモノにしてしまう恐ろしい年上女子のセリフ「私の若い頃にそっくり~♪」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男子による女子への偏見はひどいもので、女子はどんなときでも「本心をめったに語らない」と思っているようです。とある男子はこんなことを言っていました。「女子が複数で集まってガールズトークをしても、だいたいがお世辞、嘘、虚栄心、見栄っ張りなトークで終わるでしょ?」と。

・太古の昔から続けられている流れ
確かに女子は、自分をさりげなくアピールしつつもお互いを褒めあい、たとえむかついても表情には出さず、ニコニコとトークを進めるケースが多いです。でもそれは、女子のコミュニケーション文化であり、太古の昔から続けられている流れなのです。良し悪しの問題ではありません。

・自分の地位を誇示するセリフ
たとえばこれは、女子と女子とのコミュニケーションでよくある話。年上女子が年下女子を褒める場合、「私の若い頃にそっくり~♪」と言います。これは年下女子の高い能力(魅力)を認めつつも、自分にも同等の能力(魅力)があることを伝え、揺るぎない地位を誇示するセリフでもあるのです。

・相手の能力(魅力)を自分のものにできる
能力(魅力)のある年下女子に「私の若い頃にそっくり~♪」と言っているわけですから、「アンタは凄いけど私にもそれくらいの能力(魅力)はあるし」ということを誇示しているわけです。相手の能力(魅力)を自分のものにしたようなものともいえます。

・心の広さもアピールできる
相手を良い気分にさせつつ、自分の地位も確たるものにする。さらに心の広さもアピールできる。「私の若い頃にそっくり~♪」には、そんな意志の力が込められています。

・不可避な恐ろしいセリフ
しかもこの言葉、もし言われたとしても「そっくりじゃないです」と言い返せますか? できないですよね。女子のコミュニケーション文化に沿って考えると絶対に認めるしかないセリフなので、不可避な恐ろしいセリフでもあります。よしなに。

https://youtu.be/513YoAjakLk

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/16/joshi-serifu/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP