ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タンポポの綿毛より軽い「世界最軽量の金属素材」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

99.99%が空気。と言われているこちらの素材は、ボーイング社によって開発された科学史上最強・最軽量の金属製構造物のひとつ。タンポポの綿に乗せても潰れないほど軽く、強度も十分です。

発泡スチロールよりも
100倍軽い

タンポポの綿毛より軽い「世界最軽量の金属素材」とは?

「マイクロラティス」は金属製のチューブでできた、空っぽの発泡スチロールのようなポリマー構造体。英・デイリー・メール紙に掲載された研究者のコメントによれば、アイデアの着想は人間の骨の構造から得たようです。人間の骨の内部って、実はほとんど空洞で蜂の巣のようになっているのだとか。

それぞれの筒の壁が100ナノメートルほど(髪の毛の1000分の1)と薄いのが特徴ですが、金属なので強度はしっかり。しかも、衝撃吸収材としても優秀で、開発者によればビルの25階から卵を落とす実験をしたとしても、卵全体を覆う程度の梱包で済むそうです。
タンポポの綿毛より軽い「世界最軽量の金属素材」とは?
タンポポの綿毛より軽い「世界最軽量の金属素材」とは?

宇宙船や航空機に利用すれば、機体の重量を大幅に削減でき、燃料消費を効率化できると言われています。その他にも車に使用される素材や衝撃吸収材としても活躍が期待されており、YouTube動画のコメントには「スニーカーに使ってくれ」なんて声も。確かに、身に付けるものにも応用できるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Boeing

関連記事リンク(外部サイト)

米軍が「小さすぎるドローン」をテスト!その性能が想像以上にスゴイ
認可済の医薬品に「アルツハイマー病」の進行を止める効果を発見か!?
視界の明るさを自動で調節してくれる「スマートアイウェア」が登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。