ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風男塾 全国ツアーファイナル公演&雪村涼真卒業「メンバーのみんなに感謝」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

風男塾史上最多公演数となる全国ツアー「風男塾ライブツアー2015~ラブメッセンジャー~」(21会場31公演/ツアー総動員数15,000名)のファイナル公演が10月14日東京・品川ステラボールで開催された。会場は平日にも関わらず全国から集まったティーン女子を中心に約1500人で埋め尽くされ、ツアーファイナルに相応しい盛り上がりを見せた。

1曲目はファン定番のアッパーチューン「太陽みたいなキミが好き」でスタート。「瞬間到来フューチャー」「BE HERO」「男装レボリューション」とシングル曲が連発される。

ファイナル限定企画で赤園虎次郎、愛刃健水、仮屋世来音の3人が披露したダンスコーナーでは、これまでの風男塾では見られなかった圧巻のダンスパフォーマンスで観客を圧倒。「ここまでのパフォーマンスができるとは!?」と思わせる、スピーディーで息の合った3人のダンスを目の当たりにして、観客はもちろん他4人もメンバー興奮度も高まる。

中盤には全国ツアー会場限定でパフォーマンスされた「ラブメッセンジャー」を歌唱。優しく繊細なピアノの旋律に乗せ、ファンのことを大切に想う気持ちを込めてメンバーひとりひとりが歌い上げる。数々のライブ・イベントを通じて観客と距離感を大事にし向き合ってきた風男塾だからこそ、この歌詞が一層リアルに伝わっていく。ひとりひとりに向けて畳み掛ける様に歌うメンバーをファンもまっすぐな目で聴き入る姿は、とてもファンタジーな景色だった。

終盤、最新シングル「もしも これが恋なら」ではイントロで瀬斗光黄(せとこうき)が両手を挙げ、指揮者のように振る舞うと、その動きに合わせてサイリウムライトが波打つ光景はまるで、観客全員が瀬斗光黄の魔法にかけられたかのように神秘的。

アンコールでは「七色の鳥」「無敵!夏休み」の2曲を披露しステージを後にするも、今回は本公演で卒業となる雪村涼真に向けて「涼真コール」が鳴りやまない。

Wアンコールが鳴り止まない中、雪村涼真がひとりステージに登場。観客の持つサイリウムライトが全て白色(雪村涼真のメンバーカラー)になって、会場を真っ白に埋め尽くす。

涼真「ひとりでこの景色を見れるのはとても贅沢です」とコメント。「泣いてないからね!」と強がる姿に会場も笑顔に。

まず風男塾メンバーに向けて「メンバーに支え続けられた4年間でした。加入当時、歌もダンスもトークも未熟で風男塾での活動を楽しめてなかった自分がいました。でも、そういうときにメンバーのみんなが、今のキャラクターを作ってくれて支えてくれた。メンバーのみんなにはとても感謝しています」とメッセ―ジを送った。

ファンに対しても「みんなの笑顔を見て卒業したいです」と思いを伝えながら「卒業を発表した後、ファンのみんなもきっと悲しいはずなのに..そんな素振りを見せずに、無理をして明るく振る舞ってくれて、強がってくれて、笑ってくれて。俺のことを自慢の推しだと言ってくれる人もいたけど、俺の方こそ.みんなが俺にとって自慢のファンです。みんなに出会えて本当によかった」と、風男塾ファン・推してくれたファンにも感謝を伝えた。

今後についても「これから、辛いこともたくさんあるだろうけど、この4年間乗り越えてきたこと、そしてみんなに応援してもらったことを思い出したら、どんなことでも乗り越えていける気がします」絶対みんなのことは忘れませんし、これからも自分の力になると思うので、これからも頑張っていきたいと思います。」と決意を語り、最後に「俺は幸せ者です!みんなのことが大好きです!!ありがとうございました」と締めの言葉を。時折「涙」をぐっと堪えながらも、最後まで堂々と自分の気持ちを語り続ける姿に、笑顔と拍手が贈られた。

Wアンコール最後は、涼真を見送る気持ちを込めて「じゃあね」を歌唱。歌唱中メンバーが涼真を神輿担ぎをして、最後は涼真がメンバーの作ったハートに囲まれて終了。

アンコール含め全21曲、120分公演。約3ヶ月の風男塾の全国ツアーは幕を閉じた。

セットリスト
M1.太陽みたいなキミが好き
M2.大航海ボーイ
M3.瞬間到来フューチャー
M4.センパイの彼女
M5.かざみどり
M6.BE HERO
M7.男装レボリューション
M8.SAMURAI
M9.風にのって〜アコースティックVer.〜(青明寺浦正、緑川狂平、瀬斗光黄、雪村涼真)
M10.DANCEコーナー(赤園虎次郎、愛刃健水、仮屋世来音)
M11.Love Spider
M12.サバイラブゲーム
M13.チェンメン天国
M14.ラブメッセンジャー
M15.もしもこれが恋なら
M16.同じ時代に生まれた若者たち
M17.下を向いて帰ろう
M18.カクテル・オン・ザ・ビーチ
ENCORE 1
M19.七色の鳥
M20.無敵!夏休み
ENCORE 2
M21.じゃあね

関連リンク

■風男塾 Official Sitehttp://www.nfs724.com/
■風男塾 テイチク内ページhttp://www.teichiku.co.jp/artist/fu-danjuku/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP