ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普通のお酒がビンテージの味わいに!熟成を促す魔法のボトルがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

熟成に応じて、味わいが増していくワインやウイスキー。

5年、10年という歳月が丸く複雑な味わいを生み出し、香りを芳醇にしていく。

もしその熟成の時間をぐっと短縮することがおウチでできるとしたら?

そんな夢を叶えてくれるのがこの「Oak Bottle」。

イタリアのワイン農家にルーツをもつJoel Paglione氏が開発した、オーク材のボトルだ。

Paglione氏は、液体に触れる樽の表面積が増えれば増えるほど熟成が早く進むという特性に着目。

もっとも効率のいい形を計算し「Oak Bottle」を生み出した。

熟成の速度は従来のものに比べて、なんと約60倍

早ければ数時間で完了するという。

これさえあれば、自宅でビンテージ・ワインやウイスキーの味わいを気軽に楽しむことができそうだ。

もちろんワインやウイスキーに限らず、液体であればなんでも熟成できるので、巷で密かに流行している熟成カクテルや、熟成ビールを味わうことも可能。

「Oak Bottle」は、商品化に向けてKickstarterで資金を募集したところ大人気となり、48時間で目標を達成

今では目標額の約2倍となる6万ドル(約718万円)以上の資金を集めている。

現在、55ドル(約6500円)の出資で355mlサイズのOak Bottle miniが手に入る。

投資の受付は11月5日まで。

ビンテージウイスキー、ワインファンの方はお急ぎを!

Oak Bottle(Kickstarter)
https://www.kickstarter.com/projects/oakbottle/oak-bottle-age-wine-whiskey-beer-and-cocktails-in
Oak Bottle(Facebook)
https://www.facebook.com/OakBottle

ビンテージ(まとめ)

熟成(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP