ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャーニーのディーン・カストロノヴォ、家庭内暴力の罪を認め4年間の執行猶予

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャーニーのドラマーであるディーン・カストロノヴォが家庭内暴力の罪を認めた。

 オレゴン州セイラムの裁判官は10月12日、ディーン・カストロノヴォに対し4年間の執行猶予を言い渡した。カストロノヴォには家庭内暴力犯および薬物依存のためのカウンセリングを受けることが義務づけられる。

 マリオン・カウンティ地区検察局は、カストロノヴォが執行猶予期間中に違反した場合、5年以上におよぶ禁固刑に服することになるとしている。

 検察の話によると、6月14日に逮捕されたカストロノヴォは女性に対し、肉体的危害を故意に加えたとのこと。しかしながらその2週間後、接触禁止命令が出されていたにもかかわらず、同女性へ122通のメールと35回の電話をかけたとし、再び逮捕され刑務所入りを命じられていた。

 カストロノヴォはスティーヴ・スミスの後任として1998年からジャーニーに在籍している。

関連記事リンク(外部サイト)

ペンタトニックスが『ピッチ・パーフェクト2』公開記念アカペラコンテストの特別審査委員に
ATCQ、デビュー作の25周年盤にファレルの「ボニータ・アップルバム」新リミックスが収録 一部試聴も開始
アンドレア・ボチェッリxアリアナ・グランデ 2大スーパースターによる珠玉のデュエット!ローマ&東京で撮影されたMVが公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。