ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャネット・ジャクソン 7年半ぶりの復帰作で通算7作目の米ビルボード・アルバム・チャート首位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャネット・ジャクソン、7年半ぶりの復帰作『アンブレイカブル』が、堂々のNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 初動枚数11万枚を突破し、2008年リリースの『ディシプリン』から2作連続、1986年のブレイク作『コントロール』から、通算7作目の首位獲得を果たした、ジャネット。アルバムからのシングル「ノー・スリープ」も好調で、ワールドツアーの発表などもあり話題性も高く、また、彼女の復帰を待ち望んでいた結果が、こうして数字に表れたのだろう。ビルボードの歴史を辿ると、女性アーティストでは、バーブラ・ストライサンドの10作、マドンナの8作に次ぐ首位獲得数で、女王としての威厳をみせた。

 8月29日からスタートした、ワールドツアー【アンブレイカブル・ワールド・ツアー】が、10月13日からサンフランシスコ公演で再始動、11月15日には自身のお気に入りの地ハワイ、さらにその後、11月19日はインテックス大阪5号館、21日、22日にはさいたまスーパーアリーナでのスケジュールも確定し、1か月後の来日公演に日本のファンも期待が高まる。ツアーでは、本作『アンブレイカブル』の楽曲を中心に、往年のヒット曲もふんだんに盛り込まれた内容になっている。

 シングル「ザ・ヒルズ」が4週目の首位をマークした、ザ・ウィークエンドの『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』は再び2位に浮上、シングル「ホットライン・ブリング」が2位に上昇した、ドレイク&フューチャーの『ホワット・ア・タイム・トゥ・ビー・アライヴ』は3位に続き、シングル・チャートで上位にいるアーティストが、アルバム・セールスを伸ばした。4位のフェティ・ワップ、6位のテイラー・スウィフトも、シングル曲のポイントがアルバムのヒットに大きく貢献している。

 5位にデビューしたのは、テイマー・ブラクストンの2年ぶり、通算4作目となるアルバム『コーリング・オール・ラヴァーズ』。90年代のR&Bシーンの一人者、トニ・ブラクストンの妹であり、両者含む姉妹グループ、ザ・ブラクストンズのメンバー。2000年にアルバム『テイマー』でデビューするも、大きな注目は浴びなかったが、2011年に放送されたTV番組『ブラクストンズ・バリュー』で一躍注目を浴び、その勢いを受けてリリースした、13年ぶりの新作『ラブ・アンド・ウォー』が初登場2位と、一気に飛躍、R&Bチャートでは首位をマークした。本作は、その間にリリースされたホリデー・アルバムに続くオリジナルアルバムで、自身2作目のTOP10入りとなった。

 今週はTOP10内、ジャネットとテイマー・ブラクストンのみがニュー・エントリー。TOP10以下では、11位にマサチューセッツ州の出身のロック・バンド、クラッチの新作や、14位にはヘヴィメタル・バンド、セヴンダストの2年半ぶりのスタジオ・アルバム『キル・ザ・フロー』がランクインしている。

 次週は、先日自己免疫疾患であることを明かし、メディアで話題となった、セレーナ・ゴメスの2ndアルバム『リバイバル』が初登場する。先行シングル「グッド・フォー・ユー」の大ヒット(今週10位)もあり、首位デビューはかたそうだ。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

10月24日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
10月24日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
ジャネット・ジャクソン、声帯を休めるためラスベガス公演を5月へ振り替え

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP