体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

函館のカフェ好きライターが選ぶ「住宅街の隠れ家的カフェ」4選

カフェテリア モーリエ

函館にはおしゃれなカフェが数多く、函館を観光で訪れると、西部地区周辺にある歴史情緒あるカフェに立ち寄ることも多いのでは?でももう一歩深い函館探訪をするなら、こっそり行きつけたい隠れ家的なカフェはいかがでしょうか。

ここでは函館出身ライターが、函館の海や裏夜景、公園の四季を眺められるカフェをご紹介します。住宅街にあるような一軒家カフェにお邪魔して、美味しいドリンクと函館の風景を楽しみましょう。

1.café LAMINAIRE

海に面した最高のロケーションでカフェ&ランチ

café LAMINAIRE週替わりで登場するパスタプレートの一例 café LAMINAIRE 全面ガラスが特徴的。夏季はテラス席もあり、テラス席のみペットと一緒の利用もOK。

閑静な住宅街の中にあるお店で、店内入るとその開放感に驚いてしまう。特等席は、窓際に設けられたカウンター席。大きな全面ガラス張りの壁の向こうには、津軽海峡や函館山などが眺められる。

週替わりのパスタプレートやワンプレート、手作りパン&サラダプレートなどランチもおすすめ!波の音をBGMに、リゾート気分で過ごして。 café LAMINAIRE(かふぇ らみねーる)
TEL/0138-27-2277
住所/北海道函館市宝来町14-31
営業時間/11:00~18:00
定休日/水曜
料金/ワンプレートランチ1050円、パスタプレートランチ1050円
「café LAMINAIRE」の詳細はこちら

2.自家焙煎珈琲ピーベリー

五稜郭公園を目の前に至福の珈琲時間

自家焙煎珈琲ピーベリー ねぼうセットはパン2個とサラダ、ヨーグルト、ドリンク付き 自家焙煎珈琲ピーベリー 桜の木に手が届きそうなテラス席も

まるで五稜郭公園の敷地内かと感じるほど、公園に隣接して建つ喫茶店。丁寧に淹れる香り高い自家焙煎珈琲をいただき、大きな窓から五稜郭公園を眺めながら至福のひとときを過ごせる。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会