ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビデオ鑑賞しながらスマホを充電!スタンドとバッテリーが合体した「ChargeStand」が便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンの浸透で、さまざまなモバイルバッテリーが展開されているが、今回紹介するのは、バッテリーとスタンドが一体化している「ChargeStand」。

出先で、机上でと活躍する場が広そうなモバイルバッテリーだ。

・ハンズフリーで端末を使いながら充電

どんなときに便利かというと、例えば机上でスマホを使ってビデオを鑑賞したい、でもバッテリー残量が少ない、というとき。

ChargeStandはコンパクトケースのように、上部が開くようになっていて、そこにスマホを設置してハンズフリーでビデオを鑑賞している間に充電することができる。

・スマホを縦横どちらにでも

ChargeStandとスマホをつなぐケーブルはChargeStandに収納されていて、充電中、スマホは縦横どちらにも設置できるのも便利だ。

特に、スタンドとして使う必要がないときの充電シーンでは、ケーブルを引っ張り出してつなげれば普通のモバイルバッテリーとして使える。

・選べるコネクタ端子

ChargeStandの容量は3000mAh。iPhone 6のバッテリーが1810 mAh、Galaxy S5は2800 mAhであることを考えれば十分な容量といってもいいだろう。

また、コネクタ部分はiPhone用かAndroid用かを選べるようになっている。

気になる値段は、予定小売価格59ドルのところ、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで39ドルの出資で入手できる。

世界中どこにでも発送してくれるので、興味のある人は要チェックだ。出資期限は11月7日。

ChargeStand/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP