ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【食べられません】“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“塩麹×音楽”の夢のコラボ(?)による“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』が発売され、品切れとなる人気で話題となっている。

発売したのは、都内を中心に活動するミニマル・ミュージック・バンド、東京塩麹。

東京塩麹は、これまでにU-zhaan×mabanua、三浦康嗣(□□□)、スガダイロー×吉田達也、など、さまざまなアーティストと対バン・共演を重ねているミニマル・ミュージック楽団。待望のファースト・ビン(ミニ・アルバム)となる今作は、本物の食品である“麹”を樹脂で固めて隙間を作り、蓋を空けると音源のダウンロードコードが詰まっているというもの。肉や魚を漬けると、食品中のデンプンやタンパク質が糖やアミノ酸へと加水分解されることでうまみが増すことで知られ、近年家庭料理には欠かせないものとなっている塩麹。東京塩麹が発酵・熟成させたファースト・ビン(ミニ・アルバム)は「東京少女」をはじめ全5品を収録してヴィレッジ・バンガードのオンラインストアから発売中だが、話題沸騰により大人気のため現在品切れとなっている(10月15日17時現在)ため、再入荷お知らせメールに登録することをオススメしたい。まさに行列ができるお店状態の“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』。再入荷され次第、是非味わってほしい。(岡本貴之)

・東京塩麹 オフィシャル・ウェブサイト
http://shiokouji.tokyo
・ヴィレッジヴァンガード オンラインストア『21世紀の塩麹』
http://vvstore.jp/i/vv_000000000078934/

東京塩麹 1st BIN ※ミニ・アルバム
『21世紀の塩麹』
-詰めたのは、その全て-
1,500円(税抜)
〈収録曲〉
1.東京少女
2.ふてぶて都市
3.愛さないでください!
4.あなたのことしか
5.誰も見ていない真っ暗なところ

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP