ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キンモクセイ(金木犀)の育て方!鉢植え、挿し木の方法とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キンモクセイ(金木犀)は、その優雅な香りから、「3香木」のひとつに数えられています。あなたも、可憐で香り豊かなキンモクセイがある暮らしを始めてみませんか?経験がなくても、家で手軽に始められる鉢植えや挿し木によるキンモクセイの育て方をご紹介していきます。

すくすく育つ環境を整えよう

キンモクセイを育てるのに適した環境は、水はけがよい酸性の土壌があり、日当たりが良く、空気が澄んだきれいな場所であることが必要な条件となっています。日陰でも育ちますが、枝が十分に生育せず細くなり、花の数も少なくなります。キンモクセイは常緑樹ですが、十分に日光が当たらない環境下では、葉が落ちてしまう可能性がありますので、日当たりの良さはとくに重要です。また、新芽が出る4月~6月の間には、病害虫対策として、害虫予防剤を散布しておくと安心です。

自宅の鉢植えでも育てられる

キンモクセイは、常緑小高木で、背丈が5m以上にまで成長することから、鉢を選ぶときには、大きめの8号以上の鉢を準備します。キンモクセイは、酸性の土壌を好むため、鉢の中にいれる土は、赤玉土と腐葉土を7対3の割合で混ぜて入れます。水はけが悪くなってきたり、根が鉢の中で全体に広がって窮屈になってきたときには、植え替えが必要です。だいたい、2年~3年に1回の割合で、3月~4月の時期を待って植え替えを実施しましょう。

最適な肥料と水やりの方法

キンモクセイには、草木灰などのリン酸やカリウムを多く含む肥料か、骨粉や鶏糞などの有機肥料が適しています。液体肥料を使った場合には、栄養不足によって花の数が少なくなる可能性があります。また、肥料をたくさんやり過ぎると、花の付きが悪くなるので、加減を見極めましょう。肥料をやる時期は、2月と5月に加え、10月頃に迎える開花時期の直前が適しています。水やりは、表面の土が乾いてきたタイミングで、生育期には十分に水を与えます。ただし、冬場には、根腐りをさせないように、少し控えめに水やりをすることが大切です。

挿し木をすれば、
キンモクセイが増える?

キンモクセイは、種子ができないため、挿し木をして増やすことができます。

挿し木をする時期は、7月下旬から9月下旬が望ましく、成熟している堅い枝を選び、しっかりと消毒したハサミを使って、10cmほど切り落とします。
切り落とした枝は、1時間ほどかけて水揚げをしたあとで、挿し木用の土を入れた鉢に移します。
根が出てくるまでは、しっかりと水をあげ、乾かないように、ビニールなどで覆って、日陰に置いてあげましょう。あたたかい自然な環境を好みますので、冬などの寒い時期には、直接暖房が当たらずに寒さをしのげる場所に置き、乾燥させないように注意が必要です。
挿し木をしたキンモクセイが、花を付けるまでには、だいたい5年以上かかります。

天然のアロマ効果も楽しめる!

キンモクセイの可愛らしいオレンジ色の小花が咲き始めると、庭先には、秋風にのってフルーティーな甘い香りが広がります。見た目もきれいで上品なキンモクセイは、小枝をシンプルな花瓶に挿して飾り、お部屋のアクセントとしても楽しめますし、天然のアロマとして季節の甘い香りを堪能できます。お客様をお迎えする玄関口に置けば、華やいだ雰囲気を演出できますし、洗面やトイレに飾れば、上品な香りに包まれた癒しの空間が完成します。

挿し木をしてから、丹精込めて大切に育てたキンモクセイは、何よりも癒しとなることでしょう。優雅なキンモクセイの花と香りに包まれた、心豊かな暮らしを目指して、あなたも自宅で、キンモクセイの鉢植えに挑戦してみませんか?

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ私たちは、裸で生活すべきなのか?科学的に解明!
心の強い女性になるために、持つべき「5つの習慣」
幸せそうな人が、毎日口にしている「17の言葉」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP