ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬至前までは1年で最も気持ちが暗くなる 気分の入れ替えを

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 だんだんと寒さが厳しくなり、気持ちもふさぎがち。そんな人も少なくないのではないだろうか。そんなときこそ、気の流れを意識して運気を上げるべきだと語るのは、ユミリーこと風水建築デザイナーの直居由美里さん。その秘訣を教えてもらった。

 * * *
 風水の基礎となる陰陽五行では、秋は憂いや悲しみといった感情を司ります。収穫の季節であり、楽しいお祭りなどがある半面、日が短くなった夕暮れや、朝晩の冷え込みに気持ちの落ち込みを感じることの多い季節です。

 英語では、秋を「落ちる」という意味のフォールと呼ぶのも、秋になると木の葉が落ちるから。洋の東西を問わず、秋は憂いの季節です。

 何かとストレスの多い現代社会。秋を迎えたことが引き金になって、深刻な精神状態に陥る危険もあります。

 12月22日の冬至を迎えるまでは、陰の気が強くなる一方です。冬至を過ぎれば、日が少しずつ長くなり、クリスマスやお正月などの行事で華やいだ気持ちになれますが、冬至前の10月や11月は、一年で最も気持ちが暗くなりやすい時期です。

 季節だけでなく、環境も人の心に大きな影響を及ぼします。ユミリー風水の核となる考え方は、「人は住まいから発展する」ですが、逆のパターンもあります。住まいの気がよどんでいるために、家族の心が暗くなり、運気に大きなマイナス作用となることもありえるのです。

 だからこそ、この時期は家の中を整え、気の流れをスムーズにしましょう。気がよどむと、邪気が発生します。

 邪気は水のよどみ、すなわち湿気から発生します。秋から冬にかけては、浴室の換気と掃除が大切です。

 冷えた体をお風呂でじっくり温めるのは、一日の厄を落とす効果があります。家族の入浴が終わったら、お湯は溜めずに毎回、流すようにしてください。残り湯を溜めたままにしておくと、湿気だけでなく邪気が家中に広がってしまいます。

 そして入浴後は、窓を開けたり、換気扇を回して湿気も溜めないようにしてください。水滴を残さず拭き上げるようにすると完璧です。

※女性セブン2015年10月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
谷川真理が選ぶ「長距離を気持ちよく走れる名曲」ベスト5
謎の美女・美咲 バーで飲んで、飲んで、泣いて、酔い潰れる
北野武が「道徳」の教材はツッコミどころ満載と喝破する書籍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP