ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USENとヤマハが店内放送のインバウンド対応支援サービスにおいて共同検討を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

USENとヤマハは、ヤマハが開発した音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」と、USENのチェーン店向け放送サービス(以下、「店内放送」)の共同展開を目指し、企画・開発・営業面などでの連携に向けた検討を開始する。

現在、日本語のわからない訪日外国人観光客や店内アナウンスの聴こえにくい高齢者、聴覚障がい者が安心・安全にショッピングや旅行を楽しめるよう、店内放送のインバウンド対応、バリアフリー化へのニーズが急速に高まっている。両社はこうしたニーズに対応すべく、USENの顧客基盤と営業力、店内放送制作に関するノウハウとヤマハの技術力を活用したシステム仕様の検討や試作、実用化に向けた実証実験を行う。

これにより、USENの店内放送導入店舗が簡単に「おもてなしガイド」に対応したアナウンスを放送することを可能にし、店内でインターネット接続していないお客様のスマートフォンにも、あらかじめ登録された情報やアナウンスの内容を日本語および多言語化された文字情報として店内放送に連動する形で提供できるように検討を行う。

また、ヤマハが「Sound UD化プロジェクト」のもと全国の観光地や公共交通機関各社などと進めている実証実験と今回の検討成果を連携することで、「おもてなしガイド」をこれまでの事例ごとの点展開から、面展開へと拡大させ、訪日外国人観光客や高齢者、聴覚障がい者の更なる利便性の向上を目指す。

関連リンク

USEN
ヤマハ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP